grow books diary

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

消されたマンガ  

猛暑続きの夏も徐々に終わりに近づいております。
お盆の連休、皆様如何お過ごしだったでしょーか?
夏の開放感に身を任せ、家族で/カップルでレジャーに勤しんだ方も多かった事かと。

僕はと云えば、
ふと思い立って、韓国の異才キム・ギドク監督映画作品を一気鑑賞~。
最初は幸先良くスタートを切ったのですが、やはり異才と呼ばれるだけあって、
観れば観る程、気持ちが落ちてゆくとでも云いましょーか。
ぶっ飛び過ぎてて面白い反面、オイオイ・・・と云いたくもなりつつ、
肉食続きで、無性に魚介類食べたくなる様に、
鑑賞後、真逆の映画を心が欲した勢いで映画館へ走り、「ワールドウォーZ」「パシフィックリム」鑑賞っ!
おかげでプラスマイナス・ゼロの程良い気持ちを取り戻せましたとさ!

そんな先日、
日々お世話になっているTSUTAYAさんでレンタル・チョイス中に聞こえてきた
とある親子の会話で、
「あっ!『テッド』だー!おじさんのクマのお人形さんのお話だー!」
「じゃあ、今日はみんなで一緒に観ようねー!」
とママが云ってたが、果たして大丈夫でしょーか・・・と心配になったりも。

41Lh1ZEr+JLSX3200.jpg

いわくつきの封印漫画作品60本超っ!

『消されたマンガ』 赤田祐一+ばるぼら 著 1365円

“消えた”ではなく、“消された”。
作家の意思とは無関係に、何らかの外的要因によって、
市場から抹殺されてしまった作品。
時代の中で問題視されたそれらの作品を考察した不穏な空気感漂う1冊っ!!
誰もが知っているあのマンガ/このマンガの、誰もが知らなかった抹殺記録。
そこには、人権・宗教・著作問題など、
ひとつ間違えば国際問題にまでなりかねない黒歴史まであり、
掲載に抵抗を感じる事もあるのではっ!?

マンガの神様 手塚治虫作品『ブラック・ジャック』をはじめ、
・“人喰い人種”を描いた最終話が未収録になった『サザエさん』
・エッチな作風が大ウケするも、全国的な有害論争にまで発展した『ハレンチ学園』
・未収録のままになっている作者2人のイジめられ体験談『魔太郎がくる!!』
・あまりにサイケな話で単行本に収録できない『ちびまる子ちゃん』
・作者自身が誤りを認めた離乳食の与え方『美味しんぼ』
・用務員に対しての差別表現が大問題になった『燃える!お兄さん』
・単行本11巻までのうち50カット以上が模写だった!?『沈黙の艦隊』
・旧日本軍を連想させる描写が問題視された『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
・実在の子供を描いた事で学校側とトラブル『毎日かあさん』
・全ページから盗用が見つかった新人作家の読み切り『メガバカ』
・盗作疑惑が晴れたにも拘わらず単行本未収録とした『さよなら絶望先生』
などなどなど・・・

語られる事の少なかった“もうひとつのマンガ史”を、作家/関係者のインタビューと共に掲載っ!
これを読んだ後、マンガを見るあなたの目が変わる事は間違いないです!

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shakebrain.blog45.fc2.com/tb.php/991-b816bdcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。