grow books diary

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

The History of the Day  

夏真っ盛りで溶けそうな日々が続いております。
我が住処でも、かき氷機が大活用されており、もはや主食にでもなろうかという勢いっ!
外から聞こえてくる蝉の声や花火の残響、近所の風鈴や子供たちの遊び声 etc...
夏の風物音があちらこちらで聞こえてきては、
嗚呼、夏よ!早く終わってくれ・・・と願わずにはいられない、インドア常習者の戯言~。

とは云え、
日々の生活に寄り添う音楽に、清涼感を感じる事が意外と好きな僕。
店頭でもそんな音楽に日々癒されいるわけでありますが、
そんな代表格とも云える城隆之ソロプロジェクト no.9の最新作が、3年の時を経て遂に発売っ!

jacket (1)

no.9 / The History og the Day     2100yen

「音と共に暮らす」をテーマとした、豊かでメロディアスな楽曲全15曲70分以上にも及ぶ今作は、
細かく作り込まれたビートに、
クラシック・ギターとピアノの美しいメロディを加えた懐かしくも新鮮な世界を創り、
まさしくno.9が築き上げる音楽と日々の集大成とも感じる壮大な記録が刻まれてます!
ジャケットのアートワークに漂うどこか崇高な世界観からは、
長き年月を経て到達した新たな新境地が想起される事と思います。
haruka nakamura、paniyoloをはじめ、多くの多彩な新進気鋭のアーティストも参加しており、
音楽の力を最大限に発揮した響きを感じずにはいられない、素晴らしい1枚っ!

聴く人それぞれの環境にリンクする音楽。
朝起きたとき、通勤中の電車の中、
ランチのBGM、夜寝る前に、休日の散歩中や旅行先、
春夏秋冬どんな季節にも、どんな天気でも、
その環境にふと溶け込み、そっと寄り添うように刺激を与えてくれる音楽。

心に響くかけがえのない作品となる事、間違いなしです!



スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shakebrain.blog45.fc2.com/tb.php/981-ba53a7e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。