grow books diary

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

なんとなく、クリティック  

まー貪欲に“サブカル”というジャンルを広~く浅~く、
「モテキ」現象でそれとなく話題性に上がったものの、
(そもそも“サブカル”って何?)って疑問に思ったのも事実で、
それはきっとメインのカルチャーに当てはまらないカルチャーがそれ!
と云うワケでもないよーな・・・。
ボクの場合、そもそものきっかけはV.V.のアルバイトからで、
=“サブカル”という感覚だったよーにも。

「どういったブランドの洋服を着て、どういったレコードを聴き、
どういったお店に、どういった車に乗って出かけているかで、
その人物が、どういったタイプの人物かを、今の若者は判断する事が出来るのです。
人は、年齢に関係なく、みな、そうした他の力を借りて、
自分自身を証明しているのです。」   (※ 田中康夫「なんとなく、クリスタル」あとがきにて)

最後の砦だった雑誌「STUDIO VOICE」までもが休刊となって久しい今、
“サブカル”は現在でも存在し得るのか?
“サブカル”に取って代わるのは“批評”なのでは?
そして、そんな時代におけるカルチャー誌とは?
そんな裏テーマを掲げた、
新たな“サブカル”の息吹を感じるリトルマガジンが創刊ですっ!

20130221G037.jpg

「なんとなく、クリティック」

・山本精一特集
山本精一ロングインタビュー「山本精一の世界」
山本精一×小山田圭吾(コーネリアス)「未知なる音楽への誘い」
※山本精一&小山田圭吾が選んだ“未知なる音楽”のリスト
佐々木敦/山本精一論「山本精一、ひとりの大音楽家」


・浅野いにお『おやすみプンプン』クロスレビュー
「おやすみプンプン、どうでしょう?」
(橋本倫史、さやわか、磯部涼、吉田アミ、ばるぼら、吉田大助)


・映画監督 瀬田なつき×俳優 染谷将太「映画放談」 etc...

“サブカル”という文化と、それに代わる“批評”の可能性を探るリトルマガジンっ!

好評発売中~!

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

brilliant daze  

いつから3月はこんなに過ごしにくい季節になってしまったのでしょ~。
花粉やら黄砂やらの影響か、目は真っ赤っかで鼻水は流れる滝のよう・・・。
眠いのか?只単に目がショボショボするだけなのか?すらも解らない状況で、
鼻にティッシュを詰め込んでマスクで隠してはいるものの、
なんとなくバレてる感が妙に恥ずかしい・・・そんな毎日でございます。

そんな3月、おこがましながら田舎の片隅で営業中のgrow booksも
ちゃっかり6回転目に突入しました~。
よくもまーしぶとく生き残っているもんだ~と思われがちではございますが、
これも偏に御来店くださる皆々様のおかげであると感じております!
誠にありがとーございます!
6年目も媚びる事無く、ひっそりと歌舞いていきますので、
良くも悪くも噂して頂けたら是幸いでございます!

brilliantdaze.jpg

Firo / brilliant daze  2415yen

音楽家 塚越寛之ソロユニット“Firo”史上、最もスリリングな1枚!
綿密に構成された音響設計、きらびやかに躍動するリズムとメロディ!
エレクトロ、ダブステップ、チルウェイブ、シンセディスコ etc...
現在進行形のエレクトロニック・ミュージックへのシンパシーを感じさせつつも
持ち前のアンビエント感とポップセンスを縦横無尽に駆使させながら
めくるめくブリリアントな世界が展開されております!

今までにない全く新しい空間電子音楽の世界に酔いしれてみてはいかがでしょーか!



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。