grow books diary

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Re-discover Japan  

心地よい夕暮れ時にふらりと御来店いただいた、三島からのお客様 I さん。
001_convert_20090731143429[1]
ゆったりとした時間の中での店内散歩を満喫していただき、雑誌バックナンバーと併せて大人気FLICAのCDをご購入っ!!
myspaceでもチェック済みだったらしく、迷う事なく手に取る所なんかは“流石っ!”としか言いようのなさ!!雑貨のお店Casaで働いていると聞いて納得!とても良くお似合いなサウンドだと思います!!
またいつでも遊びにきてくださいね!ありがとうございましたっ!!
003_convert_20090731153015[1]
“今日はとっても天気がいいよね おまけに鳥は泣きじゃくりだし
そんな日には午後から そうね熱海にでも oh~” (ユニコーン 『開店休業』より)

ってな民生ソングを口ずさみながら、午後からgraちゃんと共に熱海へ!!
あいにくの曇り空で花火大会も危ういか!?と不安に感じながらも、行ってみればこの天気っ!!
有料席で夜になるまでしばしボケ~ッと黄昏・・・。
そして暗くなった20時過ぎに幕が上がった空一面の花・華・HANA!!
007_convert_20090731143549[1]
あっという間の“華の舞”五部作!!
そもそも死んだ人の供養の為に打ち上げられたという始まりの“花火”。
夏の花火はどうしてこうも感動的で愛おしいのであろう・・・と涙するのも束の間、帰りは汗だくになりながら駅までの登り道をひたすら歩くのであった。
011_convert_20090731155112[1]
「日本に生まれて、よかった~!!」と叫ばずにはいられない今回のBRUTUS。
前回大好評で瞬く間にSOLD OUTとなった“chill out ~心を鎮める旅・本・音楽~”特集に引き続き、今回は“Re-discover Japan ~日本再発見の旅と本~”特集!!んん~読みたいっ!!
表紙も前回同様Mt.Fuji!今年の夏は神秘の国を改めて見つめ直すいい機会!!必読ですっ!!
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

うちゅうたまご  

日々のお客様との出会いを楽しむ。
弱小本屋と笑われながらも毎日はとても刺激的であり、且つ充実したものとなっている。
何よりもこのgrow booksを生み出してくれた母に、家族に、そして遊びにきてくれる良きお客様に感謝して今月もそろそろおしまい。
“成功しようとするのではなく、生き延びればいいのだ!”
尊敬する母の一言!!
002_convert_20090729174221[1]
伊豆在住の音楽をこよなく愛する良きお客様!!
ふらりと御来店していただき、その後も定期的に遊びにきてくれる熱い魂のもち主たち。
旅学を!リアルデザインを!!ヴィンセント・ギャロのイラスト絵本を!!!etc...
レジに持ってくるセレクトもそれぞれにGROOVY!!毎回シビれますっ!!
遠方からいつもありがとうございます!!メタモ 09'でお会いしたいものですねっ!!
003_convert_20090729174446[1]
音楽を奏でるかのように描かれる世界。
只今、佐野美術館でも開催『スキマの国の美術館』、荒井良二さんの最新絵本『うちゅうたまご』が登場っ!!
ライブ・ペインティングの雰囲気がたっぷり詰まった最高傑作っ!!
一度ページを開けばもうそこは“スキマの国”の入口かもしれませんね!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

FLICA  

ホッと一息入れたい。
そんな時に耳から伝わる癒しの音・・・まさに絶品!!
国内外共にズバ抜けたセンスのサウンド群!コアなファンはもちろんっ、初めて聴く人も思わず立ち止まらせるほどの心地よい音を伝える“schole records”。
001_convert_20090728135738[1]
その中でも10人聴いて10人が納得する音を響かせる『FLICA』。
ピアノ・ギター・サンプリングetc...優しく奏でられる音の欠片のシンプルな組み合わせ。
発売当初、瞬く間に廃盤となった伝説の1st album「windvane&window」がscholeより再発っ!!2310円也。
002_convert_20090728135832[1]
そして2nd album「NOCTURNAL」は、FLICA流 夜想曲!!1stを上回る、それでいて全く違う一面をも思わせる内容!!2310円也。



まずはこちらで耳を澄ませてみてください。
もちろん頭カラッポにして・・・

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

grow books music !!  

大雨・洪水警報 発令中・・・。
はっきりしない天候が続きますね~。
002_convert_20090727151004[1]
weekend booksさんからの情報で出会い、遊びにきてくれる雰囲気良きお客様ファミリー!!
お名前を聞くのを忘れてたので、僕命名『駒子ちゃんファミリー』と。
店内の至る所に興味を持ってはしゃぐ1歳8ヵ月のお子さん。初の御来店時に、どこかで見た光景が頭を過ぎる・・・どこだ?どこでだ?
ハッ!!と気づいたその場面は、絵本好きにはたまらない酒井駒子さんの描く世界の数々。
あまりに重なるので、お名前を聞くまでは“駒子ちゃん”と呼ばさせてください!
001_convert_20090727151207[1]
僕を見ては緊張もあって警戒心バリバリな駒子ちゃんではあるが、無邪気な中に見せるその表情たるや、まさに絵本の世界の一場面っ!好奇心旺盛な駒子ちゃんの姿に癒されるひとときでした。
旦那様・奥様 ともにゆっくりと店内散歩を楽しんでいただき、三島由紀夫×松浦弥太郎×本秀康といった粋なセレクトでご購入!!シビれるセンスにリスペクトです!!
いつもありがとうございます!!またいつでも遊びに寄ってくださいねっ!!
005_convert_20090727151401[1]
gow books music始めました!!
店内のBGMで好評な音を、アンプ大きめでヘヴィーローテーションする作品のみをセレクトッ!!

・schole records
・basis records
・Liquid note records(近日入荷予定)
etc...

シビれる作品、癒される音をお探しの方は一度、チェックしてみてください!!
めだかも棚でゆったりと御待ちしております!!
詳細は徐々に紹介する予定・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

MINGERING MIKE  

久しぶりの晴れ間、夏到来を告げる蝉の声。
右では沼津祭り、左では富士祭り。
忙しなく車は左に右に流れていきます。夜は花火見えるかな・・・
001_convert_20090726140955[1]
音楽界で唯一無人の「妄想族」。自主レーベルでひとり、作品を次々と制作し発表。
とにかく最高にファンキーでブッ飛んだアウトサイダー・ソウルアート『ミンガリング・マイク』驚異の作品集!!
聞こえは、まるでシンガーソングライター。
詰る話が・・・架空のレコード、レコードジャケットを妄想のみで大量生産した、まぼろしのスーパースター!材料・・・ダンボール、以上!!
ダンボール製のレコードの為、曲・メロディーは未知の世界ではあるが、歌詞カード・ライナーノーツはしっかり作られており、妄想は更に膨らむ一方。
003_convert_20090726141141[1] 005_convert_20090726141311[1]
・「天より高く!(ハイだぜ)」 JOSEPH WAR & FRIEND
・「『ホット ロッド(復讐の旅)』オリジナル・サウンドトラック盤」 MIGERING MIKE
004_convert_20090726141226[1] 002_convert_20090726141056[1]
・「私からあなたへ」 THE BIG“D”&MINGERING MIKE
・「祭壇から3歩離れて」 MINGERING MIKE &THE BIG“D”
etc...
是非っ音源を聴きたくなってしまうデザイン・タイトル・歌詞もろもろ!
音楽界のみならず、気づけば映画界にも手を付けている所なんかがこれまたニクい!!

全世界の音楽妄想家たちの共有財産とも言えるダンボール・レコード。
何でも一人で創ってみる。
そこから生まれる存在証明。
ヘタクソでも貫き通す事で最高傑作に!!
カッコ良すぎる妄想作品集、必見です!!
006_convert_20090726141512[1]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

バックナンバー一覧  

今日も気づけば棚をイジり出し、雰囲気作りを楽しんでいる。
そして気づけばもうこんな時間とビックリするとともに、急激な肩凝りに襲われ一息入れるのだ!!
009_convert_20090725151037[1]
grow books取扱バックナンバー一覧 (7月25日現在)

・BRUTUS
・Casa BRUTUS
・STUDIO VOICE
・EYESCREAM
・OZ magazne
・Hanako
・Hanako West
・ecocolo
・nid
・Re:S
・SOTOKOTO
・Real Design
・honeyee.mag
・Loveカメラ
・カメラ日和
・snap !
・mama's cafe
・Sweets at home
・天然生活
・うかたま
・自休自足
・ku:nel
・fu-chi
・Come home
・かわいい生活
・住む
・I Me Mine
・「暮らしのまんなか」からはじめるインテリア
・リネン&コットンと暮らす
・ホーム スウィート クラフト
・こども天然生活
・ロハスキッズ
・かぞくのじかん
・tocotoco
・MAMMOTH
・Baby MAMMOTH
・ミュージックマガジン
・レコード・コレクター
・Cut
・Switch
・remix
・MARQUEE
・TONE
・Rolling Stone
・MySpace From jp.
・Quick Japan
・hon-nin
・en-Taxi
・dictionary
・真夜中
・esora
・monkey business
・PAPER SKY
・coyote
・旅学
・spectator
・TRANSIT

現時点ではこのような感じに!!気になるバックナンバーがあったら是非チェックしてみてください!!
※取扱終了するバックナンバーもありますので御了承ください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

真夜中  

“8月9日は、ムーミンの日。”
8月8日(土)~8月10日(月)
005_convert_20090724155924[1]
北欧の心地よい香り漂うハイセンスな雑貨のお店『sinilintu』さんが贈る3日間のムーミンDAY。
作者トーヴェ・ヤンソンさんの誕生日から生まれたこの企画!前回の「青」限定のイベント“aoichi”同様、富士フィールドに新たな風を吹かせてくれる事、間違いなしっ!!
001_convert_20090724160027[1]
文芸誌の枠に留まらないずば抜けた感性の塊、『季刊 真夜中』。最新号がドロップ!!

言葉は真夜中の星、
写真は光、絵はともしび、
デザインは夢。

そして・・・恋は花火?

文芸・写真・イラスト・デザインetc...ひとつのジャンルには決して収まらず、人間の想像力に刺激を与えるべき生まれたこのマガジン!!今回も個性的なアーティストがズラリ!!
表紙は山本直樹氏 初登場!写真とのコラージュがこれまた美しい・・・。
その他、よしもとばなな、ホンマタカシ、前田司郎などなど。料理家 高山なおみさんも新連載で登場っ!!
002_convert_20090724160112[1]
ありきたりの文芸、エッセイに飽きた方。
ベストセラーしか信じれない貴方。
どこから手をつけようか迷っている貴女も・・・

ある意味で、「読む文学×聴く文学×感じる文学!!」とも言えるこのマガジン。
騙されたと思って手を伸ばしてみるのもアリかと!!

grow booksでは、贅沢にオール面陳列で『真夜中』読者を少しずつ増やしていきたい願望押し出し中!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

さらば、アベフトシ  

僕の青春であり、ロックンロールの代表格とも言えた伝説のバンド「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT」。
最高のカッティング技術を聴かせてくれたギタリスト アベフトシがこの世を去った・・・。
もしかしたら再結成の日も近いのでは!?と思ってた矢先の出来事、残念でならない。
心より御冥福をお祈り致します。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

ecocolo  

エコを感じるココロ月刊『ecocolo』が3周年を迎え、リニューアルしてドロップ!!
004_convert_20090721174029[1]
“睡眠は最高の瞑想である”  ダライ・ラマ
今回は人生の3分の1を占める睡眠について特集した「眠れるカラダ、目覚めるココロ」。
女性誌の中では群を抜いて面白く、エコにこだわった濃ゆい内容が詰まっています!!
006_convert_20090721174121[1]
もちろん色褪せない内容な為、バックナンバーも取り揃えております!!
入手不可能な号もあったり・・・!?

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

復活っ!!  

003_convert_20090720135909[1]
元気を失い、シナッとしてしまった植物。
枯れた葉っぱを処理していたら勢い余って次々と・・・。
気づいたらハゲ坊主・・・。
もうダメかなと諦めかけていたのですが、新しいミドリを覗かせてくれたっ!!
しばらくは陽のあたる特等席へ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

ぱらぴたぽん  

読む度に違う印象を与える。
読む度に新たな発見を見つける。
その作品に込められたメッセージを、読む側が本当の意味で理解するまで何度も何度も楽しめる作品というのは実に面白いっ!!
がしかし、ページを開く度に同じ形を成さない作品というのも非常に心くすぐり、これまた面白いっ!!
003_convert_20090719135427[1]
ベネズエラ出身のペインティング×版画アーティスト“ラウラ・スタニョ”作『ぱらぴたぽん』。
上下ふたつに分かれたページ。それぞれの動物の顔と身体が自由自在に組み合わされて、見た事もない摩訶不思議な動物が出現する!!
004_convert_20090719135541[1] 005_convert_20090719135649[1] 006_convert_20090719135909[1]
007_convert_20090719140031[1] 008_convert_20090719140502[1] 009_convert_20090719140629[1]
サイドには日本語の呼び名×英語での呼び名もパターンに応じて変わり、その名前も非常に笑わせてくれる!裏ページには赤ちゃんを背負った後姿までも!!アート色強めながら子供メインで楽しませてくれる粋な絵本!!
著者のラウラ氏自身も人間代表で赤ちゃんを背負って登場!!今後の彼女の作品にも要チェックです!!
001_convert_20090719135045[1]
良き友達リーダーと愛娘manaちゃん、いつものように陽気に御来店っ!!
毎度毎度 差し入れをいただき、お返しに付録の余りものをプレゼント。
大喜びのmanaちゃん、さっそくショルダーバッグを身にまといピースサイン!!
また遊びにきてね!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

  

店のロゴがエンボスされた栞。
ちょいちょい遊びを加えながらカラフルにしたり、切り抜きしたりetc。
今回はそもそもの形を変えてみようと試み、葉っぱの形でトライしてみたのだが・・・
002_convert_20090718160348[1]
どう見ても“大根”・・・という事で、ほぼ開き直りでしばらくの間は「大根栞」で!!
意外と“大根”として見ると、不思議と愛着が湧いてくるのは何故だろう・・・。
(奥は「鳥栞」。)
004_convert_20090718160446[1]
良きお客様fuefukiさんの子供“sho-ki”君!
お買い物ついでに御自慢の腹筋を披露してくれましたっ!!
将来は孫悟空かな?

category: 未分類

tb: 0   cm: 7

きんぎょ  

梅雨、最後の悪あがき。
これを抜けると09年の夏がお目見えとなるであろう・・・しかし、溶ける。
001_convert_20090717153950[1]
韓国のイラストレーター“ユ・テウン”の幻想的な絵本『きんぎょ』。
金魚といえば、ある種「夏」の暑さを少し和らげてくれる水の中の生きものという印象であるが、表紙からもわかるように、その涼しげな雰囲気は欠片もない。

森の奥のふるい図書館の、夕闇の書架でおきた出来事。
一冊の本のなかに消えたきんぎょを追って、ジェジェは不思議な旅をする・・・

デザイン・紙質からとことんこだわった絵本。手に取った時の感覚は絵本というより芸術書のような不思議な錯覚をも覚えます。
赤一色で切り抜かれた表紙の中央。まるできんぎょが本の中で飼われているようにも見える・・・このデザインの意味も内容を見れば納得!細部にまでこだわりを見せる、絵本としては珍しいシック&クールな一冊っ!
本棚のアクセントとして美しく彩る本。水槽の横にさりげなく飾るのも粋です!
003_convert_20090717154109[1]
grow booksの本棚で陽気に泳ぎ回っている、graちゃん命名『ベタジロウ』。
闘魚というだけあって、相変わらずのヤンチャ坊主です・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

元気いっぱい!  

kinanaちゃん、朝一から元気いっぱいで御来店っ!!
001_convert_20090715135639[1]
唸るような暑さの中、kinanaちゃんは涼しげに店内を歩き回り、絵本を物色。
ゴキゲンな一冊をチョイスして御満悦なご様子でしたっ!

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

BRUTUS  

せ~んろはつづく~よ~ ど~こ~ま~で~も~♪♪
思わず口ずさみたくなる今回のBRUTUS、『ニッポン鉄道の旅』特集!!
001_convert_20090714192543[1]
鉄道ファン人口は今だ衰えず、年を追うごとに盛り上がるほど!
僕はその世界は全く解らないのだが、電車って「癒し」のひとつでもあるような・・・。
通学・通勤の人達は電車の中でしばし夢の中へ入るし。
わずかな時間ながら読書が進むし。
ふと窓を流れる景色をボケ~ッと見入ってしまうし、モノ想いに耽りやすいし。エトセトラ・・・
乗車しているあの揺れる感覚、YURETA YURETA YURETA あの感覚の心地よさ!きっと電車にはそんな「癒し」が秘められているに違いないっ!

旅行には電車が付きもの!電車には駅弁が付きもの!!駅弁には電車に乗りながらのシチュエーションが付きもの!!
そんな単純ながらも楽しいひとときを感じる電車の中、また電車の姿。
この夏はBRUTUS片手にTRAIN TRIP!?してみませんか?
004_convert_20090714192651[1]
僕の三大マガジンのひとつ、BRUTUS!!
バックナンバー取り揃ってます!出版社に在庫がなくても諦めるにはまだ早いっ!!
そんな時はふらりと覗いてみよう!意外とあったりするかも・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

TO NIRVANA  

ビート文学。
リズムを刻み、まるでJAZZを聴いてるかのようなポエトリーリーディング!
文学にもサンプリングをも用い、それぞれを繋ぎ合わせて新たな流れを刻む!
001_convert_20090713154555[1]
日本にも影響を受けた作品は多く見られる中、思わずタイトルに惹かれ発注!!
空見しど 著 『TO NIRVANA』
バロウズにも通ずる新鋭な作品のような香りが・・・
グランジのリズムに乗せてストーリーは展開されます!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

water  

梅雨明けしたのでしょうか・・・。
天気予報もあまり当てにならない今日この頃、エアコン&扇風機フル稼働で店内は心地よいものの、今のこの時期からこんなにエアコン任せにした毎日を送っていると、夏本番は果たして!?・・・と少々末恐ろしくもあり。
001_convert_20090712160011[1]
まずは視界から涼しく!という事で、水に葉っぱを浮かべて本棚に飾ってみたり。
書店業界の方からはたぶんブーイング喰らうであろう事は覚悟のうえ!それでも僕は涼しさと取ります!だって風通し悪いんだもの・・・。
いずれはこの中でベタでも飼いたいかなと。
002_convert_20090712160105[1]
sinilintuアイテムのSHIZUKUキャンドルも水に浮かべてレジの上へ。んん~癒される・・・
エコ本屋目指し、良き先輩方のお店を参考に“キャンドルDAY”なんかもやりたいなと!!
005_convert_20090712173113[1]
久しぶりに「サブカル王」、「THE音楽の神」などの異名を持つ良きお客様O氏が御自慢の真っ赤なボディーのBIKEに跨って御来店っ!!
コーヒー片手に夏フェス、STUDIO VOICE休刊、サブカル事情などを語らい、立ち読みに耽り、店内を隈なくチェックするO氏。初御来店から全く変わる事のないそのスタイル、最高にカッコイイ兄貴です!!
恒例のミュージック・マガジン&エスクァイア最終号をご購入!!いつもありがとうございます!!
※立ち読みに耽るワンショット、いただきましたよ(笑)!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

ONESTROKE  

梅雨に入ってからというもの久しく自転車にまたがっておらず、身体は日に日に訛っていく・・・
今日は雨の心配もないであろうと、久しぶりのサイクル通勤!
のんびり~風景を楽しみながらのスローペース、それでも呼吸は乱れ汗ダクダク、足腰は思った以上にプルプルと・・・弱ってます。
しばらくは訛った身体に鞭打ってのサイクルライフとなりそう、がんばるぞいっ!
001_convert_20090711154120[1]
開店早々、オーラを醸し出すナチュラルなTさん御夫婦が御来店っ!
奥様の方はいわゆる同業者、ネットで古本SHOP「weekend books」を営んでおり、絵本・暮らし・生活雑貨etc...のお洒落なセンスを醸し出す書籍がズラリ揃っている!
旦那様の方も、同じくネットで音楽図書館「miracle-mule」というレンタルサービスを!音楽好きにはたまらないコアなセレクト、サブカルの香りまで漂う粋な情報満載っ!!
(※リンクに貼ってあるので是非っチェックしてみてください!!)
そんなお二人としばし楽しいお話をさせていただき、刺激を受けたひととき!
旦那様は音楽繋がりでPUNK作家 町田康×荒木経惟の『俺、南進して。』を、奥様は流石っ絵本好き!とも言えるブルーノ・ムナーリの名作復刻『ムナーリの機械』をご購入!!
またいつでも遊びに来てくださいね!!
004_convert_20090711154213[1]
自然と繋がっていくお店とお店、人と人。そんな繋がりにも驚き・感動・刺激があり、その輪が少しずつ広がっていく事は、毎日の些細な積み重ね“それでも店を構える事!”なのかもしれません。
あたたかい良きお客様との出会いに日々、感謝感謝っ!!
005_convert_20090711154328[1]
ONESTROKEコーナーの雰囲気を少々変えてみました!!
今までのカーブ的な陳列から、ほぼストレートへと。若干スッキリ明るくなった模様・・・。
紙の質からこだわる駒形絵本。
この不況で今までの予算での製作が困難に・・・。
それでも“雨ニモマケズ 風ニモマケズ”で存在し続ける一本の木のようにONE STROKEは良い作品だけを創り続けていく、そのスタイルに拍手っ!!
次回入荷分より大人気POP UP絵本『Little tree』の価格が少し変更となります、御了承ください。
006_convert_20090711154433[1]
いつも在ると思っていた存在が失われ、
あらためて気づく存在の大切さ。

誰にも気づかれない小さな存在だった木が、ページをめくるごとにポップアップとなって現れ、季節とともにその姿を変え、周囲の様子もまた変化していきます・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

honeyee.mag+  

朝から配達やら銀行やらであっちら・こっちら・・・。
全ての用事を済ませ、オープン前にちょいとのんびりしようといつもお世話になっている良きお客様であり、富士フィールドを盛り上げる熱きお店『Cafe Wookies』へ!
003_convert_20090710155411[1]
そのまま寝てしまいそうな心地良いソファに座り、絶景を背に、吹き抜ける風を浴びながら最高なタコス&コーヒーを喰らう!
お酒がメッキリ不得意な僕にとって、このランチタイムはしばしのチルアウトに最適な空間!病みつきになりそう・・・。
次回はお庭に寝そべって時間も気にせずランチしたいなと!
004_convert_20090710155519[1]
honeyee.mag最新号がドロップ、今回のテーマは「Reality」!!
表紙を飾る“visvimの美学”からクールな東京のエリアを語る“東京シティーブック”まで、ファッションのみならず!な特集組みがこれまたおもしろいマガジン!!
じっくりページを漁っていたら驚き!!のナイスな対談っ!!
“桑原茂一×藤原ヒロシ ~クラブカルチャーから「歴史」に、スネークマンショーから「江戸」へ~”
ハニカム・ファンからクラキン・ファンまで必読な怒涛のタップリ対談、要チェック!!
時代を先読む藤原ヒロシの半生記『丘の上のパンク』も読んでおかないと損しますよ!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

またも・・・  

一生追いかけていきたい雑誌『STUDIO VOICE』。
毎号楽しみにしてきたマガジンであり、バックナンバーも古さを感じさせない、むしろ一足先に特集してしまうその時代を先読む目、どの号も間違いなくマストな雑誌と言えよう。
僕の生まれる少し前、1967年創刊以来ブレることなく前進してきた、その積み重ねから熱い読者のハートを離さなかったからこそ、こういうオリジナリティーを醸し出せたのであろう事は間違いない。
これからもよろしく!という想いをつい先日更新したばかりの出来事・・・。

『STUDIO VOICE 休刊』

寒気が走った・・・
涙がこらえながら冗談である事を願った・・・が、これは現実。
全盛期では10万部もの記録を持つマガジンが、この出版不況の中低迷・・・故の休刊。

「relax」「PLAY BOY」「ESQUIRE」・・・センスの良いマガジンが次々と休刊へと追いやられていく中、何とか我慢できたのは「STUDIO VOICE」がまだいるから。その我慢が見事へし折られたが如く、僕の脳天を直撃する。残念という言葉だけでは表現できない・・・。

8月発売のカメラ特集で幕を閉じる『STUDIO VOICE』。
きっと再刊行してくれる。このままでは終わらないマガジンである事を祈りたい・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

模様替え  

003_convert_20090707160736[1]
店の中の雰囲気替え。
あれを片付け、これをココに持ってきては、これをどかし、でもあれはここにはイマイチ・・・とりあえずこうしてみて、これは一度畳んで、いや・・・こう置いた方がしっくりくるような。よし、これでこうしてああして、こんなんでエンドレス。
最近背中が痛む中、この作業が更に悪化させるのでは?とも考えたが、始めたら終われない・・・というより終わらない。ジメジメした店内で一人汗かきながらセッセとああして・こうする。
BGMはscholeからのヘヴィーローテ。やっぱりこの音には癒される僕・・・。

店のスタイルもだいぶ変わったな~とふと思う。
オープン当初はキッチリ雑誌!キッチリ漫画!キッチリ絵本!売れ筋は一応揃えておかないと!
それが今ではこのように。
個性豊かな良きお客様との出会いからセレクトは日々変化しているように感じる。そして僕自身も。
昔此処にあった祖父・祖母の店“小川屋”の形見「招き猫」。graちゃんから頂いた言葉を毎日噛み締める・・・
『こうしていられることに 日々 感謝』

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

本と旅する  

STUDIO VOICE今回もかなり熱い特集!!
「World Travelogue ~本と旅する~」
001_convert_20090706170919[1]
旅に出ない若者に贈る、『紀行文』というメディアを通じて“思考としての旅”を楽しむ特集!!
王道のビート文学も定着した今日、更に斬新で熱い『紀行文』のセレクト目白押し!!
以前、STUDIO VOICEでも特集されたタイトル『本は消えない!』という特集の延長線上に浮かびあがるとも言える内容なのではなかろうか。
「本」というツール、活字から想像の旅へ・・・。
本の売れない時代にSTUDIO VOICEはこういう挑戦的な特集で書店業界を盛り上げようとしてくれているようにも感じ、涙涙!
一生をかけて追いかけていきたいマガジンである!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

おえかき  

002_convert_20090705165849[1]
何を描きたいのか、自分でも解らないままに・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

「hal」日和  

隣町、沼津にある生活雑貨のお店「hal」。
どのナチュラル雑誌を開いても、「hal」「hal」「hal」・・・と、もはや殿堂入りのお店!!
002_convert_20090704163159[1]
そして遂に「hal」さんだけの単独本が発売となった!!
ファッション、暮らし、モノ・・・ナチュラルな生活を好む方にはとても刺激になる一冊!!
001_convert_20090704163101[1]
そしていつもお世話になっている富士フィールドの粋な雑貨のお店『sinilintu』さん、初のイベント「aoichi」が本日より開催!!
涼しげな青限定の器や生活雑貨、野菜果物etc...一足早く夏の木陰の癒しを感じれる、そんな雰囲気が漂ってきそうだ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

ファニーゲーム U.S.A.  

悪いものでも食べたのか・・・疲労が溜まっているのか・・・。
胃がキリキリと痛む休日。のんびりと散歩気分でプラプラと~。
久しぶりにLOCAさんでズバ抜けたセンスのTシャツ&クロップドをGET!!graちゃん共に大好きな三島の某雑貨屋であれこれ掘り出し、極めつけに店頭の金魚をしばし眺めながら癒されるひととき。
夜には胃の痛みもすっかり消えておったとさ、めでたしめでたし。

そんな病み上がりには決して良いとは言えない、トラウマ的な映画を観た昨日。
『ファニーゲーム U.S.A.』
なんだろう、この違和感・・・して後味の悪さ・・・。
でも今までに無い衝撃的な作品である事は間違いない!これは映画館で観たかったっ!!
残酷シーン、血まみれなスプラッターシーンは一切無いのに背けたくなるこの緊張感・・・graちゃんも珍しく沈黙・・・。

別荘地へバカンスへ訪れたある家族。そこへ訪れる謎の若者二人・・・
「卵を4個いただきたいのですが・・・」
ここから物語は一気に薄気味悪い方向へ・・・。

一見、どこにでもありそうなサスペンス映画・・・。
しかし面白半分に観ると痛い目に合うダメージ感の多い内容とでも言おうか!!
観ている側の気持ちを見事にあざけ笑うがの如く、裏を突いていく物語!後半はもう精神的にヤラれます・・・。
ラストにはリモコンで「???」のシーンがあるのだが、賛否両論とは言え、これには『流石!』としか言いようのない見どころのひとつ!
つまりは『こういう流れの物語を期待しただろう?そんなにこの作品は甘くない!』と謎の二人が観る者を試しているのであろう・・・と解釈できる。

観終わった後は心身共にクタクタになる衝撃作!!元気のある方にしかオススメできない・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

masters of music  

思い起こせば10年前・・・。
先輩たちと一緒に何か楽しい事やろうと。「やっぱカッコイイのはDJだべ!」と何の気なしに初心者だらけでイベント決行っ!!その名も『RESERVOIR ROCKS』、当時みんなでタランティーノ最高~!と吠えまくり、「やっぱ一番はレザボアだべ!?」と何十回も鑑賞会を開いてたような・・・。
意外と盛り上がり、仲間うちでは伝説となったイベント!
それもそのはず。“一曲入魂!”という企画を組み、当時盛り上がってたSHOPのオーナーさん方10名ほどを招き、“これぞっ己の一曲!”と言えるサウンドを繋いでいく、言わば情熱の輪!これが最高潮に客を呼び、盛り上がった!!思い入れの強い音だけに魂が震える夜・・・。
僕がCLUB JAZZを好きになったのは、このイベントからだったように思う。
002_convert_20090701192925[1]
EYESCREAM、今回はそんな思い出がふと蘇った『masters of music~オリジネーターが選ぶ“必殺の10枚”~』
パンク、ダブ、ヒップホップetc...それぞれのジャンルの創始者が影響を受けて、現在のサウンドを響かせるきっかけとなったマスター作品の数々から10枚を選んでもらうという、音楽ファンには愛してやまない特集!!
IGGY POP、LEE“SCRATCH”PERRY、GRANDMASTER FLASH、忌野清志郎、TOWA TEI などなどの豪華な顔ぶれが並びます!!
003_convert_20090701193020[1]
僕が初めて買ったJAZZのCD、IRMAレーベルのラウンジ・コンピシリーズ『MO'PLEN 1000』。
今考えると、どうしてこんな激シブな一枚をチョイスしたのか・・・不思議でならない。三十路になって久しぶりに聴くと、これまた最高に気持ち良いイタリアン・ラウンジがオッサレ~に響きますっ!
残念なのは、外側の紙ジャケを紛失してしまった事・・・。イベントで泥酔してしまった代償に失った切なき青春の1ページの思い出である。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。