grow books diary

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

かんぼつちゃんのきおく  

中島らもの長女、中島さなえのエッセイ集!!『かんぼつちゃんのきおく』。
001_convert_20090630155454[1]
天才の血を受け継いだだけあって、まことしなやかに綴られる優しさ溢れるエッセイは、らも氏を思わせるかのごとくキラキラ輝いているかのよう!!
“笑えるものを作りたい”という中毒性あり、豆知識、世間一般のデータなど一切無し!!
まさに“中島らも”の掲げていそうなテーマがギッシリ!!此処から名作『ガダラの豚』に繋がる作品が生まれるのも時間の問題!!期待大なのだっ!!
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

踊る脳  

もう6月も終わり・・・何度も言っているようだが、時の過ぎる早さに戸惑いながらも何とか生きている。
無駄が多い書店業界のアリ地獄・・・リスペクトする荒木スミシ氏はこの先の見えない書店業界の悪循環は今日、世間を騒がせているコンビニ弁当の廃棄処分問題と同じであると説いている。
確かにフムフム~と納得しながらも、一冊の本(それもお気に入りの!!)の寿命の短さに愕然としながら、商売の難しさを身に染みて感じておるわけであって・・・。
それでも7月に発売となる荒木スミシ最新小説『マイ・ライフ・ウィズ・Tシャツ』が楽しみで楽しみで!
当たり前の本しか売れないこの世の中で、こういうコアな作品を感性豊かなお客様がもしかしたらっ手に取ってくれるかもしれないという確立を楽しみながら、今日もムッシムシ~な店内でコーヒーを啜る僕がいる・・・。
002_convert_20090629180433[1]
ガマンする事は大切な事だが、ガマンしすぎはあまり良くない・・・。
喉から耳が出る?ほど聴きたかった2アーティストの新譜、勢いでGET!!久しぶりに邦楽で耳を潤わすことができそう!

くるり同様、待ちに待ったmonobrightの2ND!!ポロシャツからの脱皮を告げたセカンド・シーズン、刺激されるに相応しい『踊る脳』は最高にシビれますっ!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

音楽と漫画  

BLUR10年ぶりに再結成!そして夏フェスのメンツも出揃ってきている梅雨真っ只中!
あいにくの雨模様の中、雑誌「TONE」で40年前の元祖FESが照らし出す怪しくも美しき“ウッドストック&グラストンベリー”特集をチェック!!
001_convert_20090628141340[1]
ヘタウマ漫画家 大橋裕之のロック香る作品集『音楽と漫画』。
代表作『音楽』をはじめ、どの作品にも共通するまっすぐでピュアな心。よくある青春物語とは一味違い、王道路線から少しズレた感覚がカッコイイ!!
好きな音をとにかくストレートに響かせる。評価は人それぞれ、「カッコイイ!」と拳を振り上げる人もいれば、「こんなの誰でも演奏できる・・・」と貶す人も、「マイルスが乗り移った音だ!」と鳥肌を立てる表現は流石っ!!クライマックスでのライブは読んでて魂震えます!!

スチャダラパー、トクマルシューゴ、渡辺ペコ1etc...個性派大絶賛の声!!太田出版からの発売が納得できる一冊!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

3びきのくま  

デザイン性の高い絵本を中心にセレクトを心掛けているgrow books。
その中でも特に人気の高いのが、colobockle作品!!
たちもとみちこの世界の名作絵本シリーズ第三弾は、イギリス民話『3びきのくま』!
001_convert_20090627141201[1]
お話は至ってシンプル。

3びきのくまの家族が出かけている隙に、一人の女の子がくまの家へと。
スープを平らげ、椅子を壊し、布団で昼寝などなど。
そこへくまの家族が帰ってきて・・・。

この民話には何種類かパターンがあり、くま視線からのお話があれば、女の子視線のお話もあり・・・
「くまは恐いから気をつけよう!」と感じるお話もあれば、「人間は自然を蝕んでいる」と感じるお話もあったり・・・。
002_convert_20090627141321[1]
ちなみにアート性の強いスドウピウの『3びきのくま』は、
くまが女の子と仲良くなりたかったのに、女の子は逃げてしまう・・・という結末。ある意味、人間と自然の共生を願っていながらも人間は拒否している・・・とも取れる皮肉った一冊。アート色の強いスドウピウのイラストは個人的に大好き!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

はばたけ、オレの自由ドリ  

曇り空にかすかな晴れ間が覗いた勢いで、graちゃんと共に自然を満喫しに昇仙峡へ!
001_convert_20090626153752[1]
迷いに迷いながらgraアンテナだけを頼りに何とか到着っ!!
して絶景広がる弥三郎岳で言葉を失う・・・。思わず山々へ向かって『低燃費ってなに~?』と叫んでしまう始末。土日ともなれば観光客で賑わう此処も、平日はほぼ貸切状態!贅沢なほどに自然の素晴らしさを堪能した一日となった!!
003_convert_20090626153850[1]
北里洋平が主宰するレーベル NORTH VILLAGEからアツアツな一冊なお目見え!!『はばたけ、オレの自由ドリ』。
自伝家TALK LIVE“SOUL SESSION 2008”を完全収録した図太い内容!!その顔ぶれも豪華爛漫!!

“大人がマジで遊べば、それが仕事になる!” 高橋 歩
“正直な話、格好良くさえあれば、あとはどうだっていいんだ!” ロバート・ハリス
“他人の真似をするぐらいなら、そいつの歯ブラシを使う方がマシだよ!” 油井 昌由樹

名言だらけが詰まった熱き男たちが語る“自伝になるような物語ある人生を生きる術”!
不況だからこそ、こんな世の中だからこそ、自由に、オリジナリティーに、自分だけの人生を羽ばたいては!?

ハイジ第二弾もドロップ!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

CLARITY~leaf disc~  

CLARTY :
(空気、液体の)透明 , 清澄 , 明瞭
(音色の)明瞭
(論理などの)明瞭 , 明快 , 平明
001_convert_20090624142806[1]
フリーペーパーschole magazineがパワーアップ、有料誌として刊行スタート!『CLARITY~leaf disc~』。
透き通った瑞々しい楽曲が印象的な“Jimmy Eat World”というロックバンドのアルバムタイトルから付けられたマガジン。

“小石を投げ入れて揺れ始める水面のように、
ちょっとしたきっかけから大きな輪へと広がっていくような役割を目指す。”

心地よいことをテーマに繰り広げられる特集の数々・・・。
ナチュラルな雑貨屋「yuzuri」のお店づくりや、scholeの独特で美しい写真を撮る原田奈々さんインタビュー、アーティストDOM MINO'のロンドン巡りや、今や大人気のno.9 城隆之さんのコラムetc...
フリーペーパーでは限界があったクオリティーの向上と統一した世界観が此処には明らかに感じる事ができます!!
002_convert_20090624142917[1]
leaf discのテーマ“Every Morning,Good Morning”
朝を彩る心地よいサウンド全10曲!no.9やDOM MINO'、Paniyoloなどの名曲・未発表曲も入っており、日々の生活のBGMにスンナリと馴染む豪華な楽曲ばかり!!

おもちゃ、鍵盤ハーモニカなどを使ったエレクトロニカ・アーティスト『lullatone』。
leaf discにも参加している独特なインディ・ポップを聴かせてくれる。梅雨のこんな時期にピッタリな一曲・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

be NAKED / BACK TO THE LAND JAPAN  

PEPSI “キューカンバー”の次は、PEPSI“SHISO”!!
コンビニで目にした途端っ迷わずチャレンジ!んん~、意外とクセになりそうな味ですな・・・。
001_convert_20090623141943[1]
メンズファッション雑誌の中で一番斬新でラギッドな『Huge』!
今月号はこれまた尖った感性を刺激する最高な“Nude 駆り立てる裸”特集!!

“裸ほど美しいものはない。
それが真実だとしても、その意味を体で知る事ができるのは写真家くらいのものだろう。
ありのままの姿を目の前に、写真家もまた裸になることができるのだ。
レンズを挟んで交わる、覚醒された五感 静かに散る火花
その短い寿命を封じ込める瞬間の奇跡がある。”

~写真家はなぜヌードに向かうのか~
その答えをフォト作品を中心に導き出した写真集感覚な一冊!!
裸=EROと考えてしまいがち・・・がしかし、それも芸術のひとつなのでは!?一作品一作品、何度も何度も見ていくうちにその感覚はEROを通り越して、人間本来の美しさを感じていくはず。
002_convert_20090623142035[1]
「ちんかめ」「smart girl」世代にはしっくりな『EYESCREAM』07年9月号、米原康正の“NEW ERO”特集!!Hugeに比べて初心者向けかな・・・。こちらも併せてどうぞっ!!
003_convert_20090623142116[1]
ファンの心をグッと掴んだ熱いマガジン『spectator』!!
10周年記念 20号が遂にドロップ!!その名も『BACK TO THE LAND JAPAN』。
失われた未来を取り戻すための一歩を踏み出そうと考えてる方に捧げた、記念すべき特集となってます!!必読っ!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

1Q84  

ベストセラー・話題etcと謳われ始めた頃にはもう遅い・・・。
あまりメディア化や話題作を追いかけない性格ではあるが、村上春樹は別格!!
発売当日まで一切の情報を伏せておいただけあって、タイトルの奇妙さにも不思議と惹かれてしまった・・・。
001_convert_20090622144318[1]
全2巻の大作『1Q84』、増刷待ちでgrow booksにも遂に入荷!!(といっても各一冊・・・。)
あらゆる作家の中でも群を抜いて素晴らしい作品ばかりを歴史に刻んでいく屈指の小説家!!と言っても過言ではないだろう。
最近、小説を読む機会が減ってしまっている・・・就寝前の読書は欠かせないが、のび太並みの寝つきの良さがストーリー展開を狂わせているのが事実。
読み終わったら次は1Q84で決まり!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

ひいおじさんと盗賊の話  

定期的に遊びに来てくれるハイセンスな良きお客様、Oさん夫婦+IOちゃん!!
013_convert_20090621105817[1]
初御来店時にはまだお腹の中にいたIOちゃん、気づけばこんなに可愛らしくなっちゃって!!
そんなOさん夫婦、読み聞かせに“ハギレ・アーティスト”ヨシエ絵本をチョイスするなど、ハイセンスなセレクトに毎回驚かされます!きっとIOちゃんも、アート感性に長ける事間違いなしっ!!
BGMにも毎度興味を持っていただいており、静かにgroovyするOさん夫婦に今回もガッツポーズを掲げる僕・・・。
駒形絵本『かぜが はこぶ おと』をチョイス、いつもありがとうございます!!
またいつでも遊びに寄ってくださいね!
002_convert_20090621110821[1]
チャペック童話 絵本シリーズ第三弾っ『ひいおじいさんと盗賊の話』。
今回は個人的に大好きな絵本アーティスト どいかや さんがイラストを担当!!チャペック童話の恐ろしく痛快なお話に思わず笑顔が出てしまうような、ほんわかした柔らかさを漂わせているような。

ある日、仕事を終えたおじいさんと犬のヴォジーシェクは、はげしい夕立を避けるため一軒のみすぼらしい居酒屋であまやどりをすることにしました。まさかそこで盗賊たちに出くわすとは思いもしませんでした。盗賊たちはおじいさんをからかい、おじいさんも負けじと知恵を働かせて立ち向かいますが、なかなか歯が立たない……とそんな時、この居酒屋にある一行がやってきました!おじいさんとヴォジーシェクは無事に、おばあさんの待つ家に帰ることができるのか・・・。

003_convert_20090621114227[1]
このシリーズお決まりの表紙カバー!!
今回もカバーを広げるとポスターに!カバー無しの表紙も最高にオシャレです!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

isshin  

暑い・・・
風通しの悪い店内は既にサウナ状態・・・チョコレートも3分で原形を失います。
002_convert_20090620175325[1]
一年ぶりの御来店、taniさん夫婦!もとい、taniさん家族!!
宝石のようなクリックリの目が印象的なisshin君が誕生し、満を持して初対面っ!!
何を見ても笑うその笑顔に、終始癒される僕。
001_convert_20090620175454[1]
ko-兄&michi姉&kinanaちゃんも加わり、grow booksも久しぶりにgroovyに盛り上がったように感じる!!
一緒に店内に居た常連様家族とも会話を楽しみ、笑顔が絶えないひとときを眺めながら ふと、
“こういう雰囲気は小さい本屋ならではの光景なのかな~。”
と感じたりも・・・。
小さな本屋・弱小本屋が生き残る隙間・・・かすかな光。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

めだかの学校  

grow booksにめだかの学校、開校!!
001_convert_20090619125529[1]
良きお客様すー氏の協力のもと、寸胴な白いめだかが本棚の片隅でのんびり暮らしております。
開校二日目にしてたくさんの卵を産み出し、三週間後には学校も大いに賑わうのではないかと、その来たるべき日を待ち遠しく可愛がってます!!
只只、そんなめだかたちを眺めているだけで癒されるというか・・・時間を忘れるというか・・・。
気づけば、めだかの学校を第一志望に挙げている自分が居る・・・。

ショーン・ペン監督作『イントゥ・ザ・ワイルド』。
これほどまでに熱くなれる映画にそうそう出会えないとも言えるノンフィクション最高傑作!!
何不自由なく育った青年がエリートの人生を捨て旅に出る。お金に惑わされたくないと持ち金も燃やし、バックひとつで北のアラスカを目指す。その無謀とも言える旅、文明に毒されたくないと本当の意味での自給自足。そしてたどり着いた人生の結末は・・・。
賛否両論ではあろうが、胸にジーンと響く言葉・言葉・言葉。観る価値大あり!!

“一度は自分を試すこと
一度は太古の人間のような環境に身を置くこと
自分の頭と手しか頼れない過酷な状況に1人で立ち向かうこと”

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

宮本君から君へ  

毎度御来店してくださる度に、ついつい時間も忘れトークバトルしてしまう良きお客様Kさん。
サブカル・コミック事情に広く浅く詳しく、毎回勉強させてもらうひととき。
ここ最近のdictionaryのMANGA特集を毎回楽しみにしていただけあって、カミナリ鳴り響く雨の夜、二人でコーヒー片手にとことん語り合った!!
001_convert_20090617135814[1]
「いやいや、魂吸い取られてしまうので写真はNGです・・・」のベストショットをいただいちゃいましたよ。失礼(笑)
しかしdictionaryにも宣伝されてた「9999」の高級眼鏡、激渋ですっ!!
今回掲載された“オススメMANGA ベスト5”の流れから負けずとKさんもベスト5を考え・・・

・『宮本君から君へ』 新井英樹
・『GTロマン』 西風
・『銃夢』 木城ゆきと
・『サンクチュアリ』 池上遼一
・原秀則 作品全般・・・と、こんなラインナップがお目見え、実に渋いセレクトです!

お互い新井英樹作品をリスペクトしている仲間なだけあって、ほぼTWIMか宮本君~に影響された会話ばかり。こういうブッ飛んだMANGAに出会うか出会わないかで、人生ちょっと刺激的な部分で違うんだろうな・・・と納得。
002_convert_20090617135931[1]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

やまのスカブラ  

スカブラ スカブラ
ブラブラ どこへいく
スカブラスカブラ
チクタク どこへいく
001_convert_20090616115738[1]
山のスカブラは今日も山へ穴掘りに。
でも仕事が始まると時計の部屋でコウモリたちとホラ話・・・。何も仕事をしないナマケモノなスカブラ。
そんなある日、仲間みんなが土に埋もれているのを発見っ!!

どんな人だって生まれてきた事に意味あって誕生している。無用な人などこの世に誰ひとりとしていない!!この絵本は、そんなメッセージを醸し出しているかのような熱い作品!!
作者は今井章信。
そうっ、チバユースケとナイスな演奏を聴かせてくれるギター奏者のイマイアキノブ!!

現在はthe birthdayで活動中だが、個人的にはやっぱりROSSOの頃の『アウトサイダー』にシビれる!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

POP FRAME  

三重県在住の時からの親友 miya君。
オープン間もない頃にわざわざ三重から遊びに来てくれて以来、丁度一年ぶりにまたも三重からふらりと御来店!!
003_convert_20090615142004[1]
一年ぶりに会うと不思議とあの頃の思い出話に華が咲き、気づけば二人でガキ丸出しの会話に・・・。
それでも彼とは共に演奏を楽しんだ仲間なだけあって自然と呼吸が合うナイスな友!
短期間ながらよく2人で遊びに出掛けてたもんだ~と懐かしむ。
興味ある事にはとことん追求心を燃やすmiya君、いろいろ情報をいただき、刺激をもらえたひととき!
本当ありがとう、友よ!!
またゆっくり語り明かそうではないかっ、コノヤロー!!
005_convert_20090615142056[1]
駒形作品“ONESTROKE”より展開している『POP FRAME』。
紙の重なりから描き出されるインテリア。木製の白フレームが更に作品の良さを引き立たせてくれているかのよう。
ワンタッチで作品の取り換え可能。様々な紙の重なりのイラストも順次発表されていきます。
写真は梅雨真っ只中という事で“アヤメ”。
この作品は5枚の紙からできており、取り外すと・・・
006_convert_20090615142132[1]
このように。一枚一枚が形作ってひとつの作品に!
ギフトにも大好評なPOP FRAME。実際に手に取って、紙の重なる作品の奥深さを感じてみてはいかがでしょうか。

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

dictionary 128  

吉原祇園祭。
子どもの頃行った記憶から気づけば20年余り・・・。
30代突入!という事もあって久しぶりに祭りの雰囲気を味わいにgraちゃんと共にいざっ!
・・・とは言うものの、人混みがすこぶる苦手な二人。出店通りに入った途端に頭痛が・・・。
そんな祭りの中で一際心地よく、お洒落な雰囲気を放つzakkaのお店『sinilintu』へ。
001_convert_20090614112603[1]
とある出会いから日々お世話になっているオーナーさん夫婦に挨拶がてらフラリと。相も変わらず落ち着く店内。ここだけ不思議と“和×欧”の融合が楽しめる素晴らしい空間、刺激をもらい癒しをもらえる場所でもある!

20年ぶりの祇園祭も人ごみにのまれ・もまれて20分ほどでギブアップしてしまったが、吉原商店街を盛り上げてくれるお店が出来てくれた事で来年もまた楽しみに足を運ぼうと決心した、そんな夜。
002_convert_20090614112725[1]
クラキン・ファンの皆々様、dictionary 128解禁ですよ!!
前回に引き続き、モデル豪華(永瀬正敏、SAKEROCK、リリーフランキー、みうらじゅん、曽我部恵一、近藤等則etc...)な『T-shirts As Media』を筆頭に、126号からのMANGAを軸にアジアン・コミュニケーションをテーマとした『MANGA特集』!
モギケンの新企画『How to argue~生きるための講義~』も遂に始動!!
はたまた みうらじゅん×リリーフランキー対談『いつかみんな、死ぬっちゅーじゃないっすか』も掲載etc...
“これでフリーペーパーっ!?”とビビるくらいの情報満載さこの上なく、とことん日本のサブカル事情の先頭に立つクラブキング マガジン「dictionary」!!
ありがたい事にgrow booksの(僕の・・・)オススメMANGAベスト5も掲載してもらっちゃいました!!お恥ずかしながら参考にしていただけたら幸いです。

※フリー分 配布終了後、次回入荷分より有料となりますので御了承下さい。

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

架空の料理 空想の料理  

最近、昔の熱を取り戻したかのように映画を鑑賞しまくっている!
好みも大分変わり、アヴァンギャルド作品から今や のんびり作品が最高に心地よい三十路男子と化しており、『転々』『ジャージの二人』『男はソレを我慢できない』なんかが僕のベストランキングに入り乱っているわけで・・・。
そんな中、“これぞっベスト1!”とも言える最高の感動作に出会えた事に感謝感謝である!

映画初主演同士とはとても思えないほどのリアルな夫婦愛を見せてくれた木村多江&リリーフランキーの感動作『ぐるりのこと』。
あれこれの説明は不要!この予告が全てを物語るかのような素晴らしい作品、期待を裏切りません!!
ストーリーの他にも、その時代を騒がせた事件の公判シーンも見どころのひとつ!!(連続幼女誘拐殺人事件、地下鉄サリン事件etc...)ここにもその当時のリアルさが映し出されているような・・・。
まずは予告から!!気になった方は是非っ本編を!!
001_convert_20090613121426[1]
そんなリリーフランキーの久々のエッセイ『架空の料理 空想の料理』。
料理人 澤口知之とのコラボ作品で、リリーの面白オカシイ エッセイに合わせて澤口氏の料理がキラリと光ります!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

Romi-Unie Confiture  

昨日の休日。お世話になっているお店へ配達も兼ねて遊びに伺い、あれこれ楽しんだ午後すがら、晴れ間も覗いたこともあり、graちゃんと共にいざっ鎌倉へ!!
ただただ鎌倉の空気に触れながらブラブラと。graちゃんの目的地でもあった“いがらしろみ”さんのお店へ!
009_convert_20090612154835[1]
『Romi-Unie Confiture』
ズラリと並んだコンフィチュールにヨダレを垂らしながら目で楽しみセレクト&セレクト。この時ばかりはgraちゃんも獲物を狩るかのような眼差し・・・「食」にはとことん極め尽くす性格が窺えたりも。
鎌倉ならではの心地よい雰囲気をとことん堪能できた一日!!
012_convert_20090612154934[1]
そんないがらしろみさん関連書。
100%ORANGEとのコラボ絵本やロンドンの空気感がたまらないフォト&エッセイなどなど・・・。
可愛らしさに目がない方にはマストな作品ばかり!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

植物と暮らそう!  

すぐ近くに自然がある事は当たり前のようで実はとても贅沢で素晴らしいこと!
すぐ裏には千本松の林道、その向こうには一面の海・・・海水が澄んでいないのが残念。
grow booksの店内にもいろいろな植物が仲間入りされ、日々成長を続けている。
003_convert_20090610143529[1] 004_convert_20090610143612[1] 005_convert_20090610143653[1]
006_convert_20090610143734[1] 008_convert_20090610143858[1] 007_convert_20090610143817[1]
植物の知識はまるで無いのだが、元気がないと外の空気を・太陽の光を浴びさせ、水をやり、話しかけ・・・。意外と正直で難しい植物たちだが、それもまた可愛らしくもあり愛おしくもあり、楽しく育ってくれているように感じる!
そんな植物に彩られながら、梅雨前の午後のひとときにコーヒー片手にのんびり更新中・・・。
001_convert_20090610143357[1]
Casa BRUTUS、今月は前回大好評に引き続き、“建築家が教える「環境」の授業”第二弾!!『植物と暮らそう!』。
建築家・クリエイターが教えてくれる、植物と暮らす楽しみの極意!!
植物が持つ無限の可能性を生かし、自然環境と調和する暮らしを考えたマストな特集です!!

Q.植物と暮らす時、一番大切なことは?

A.私たちと同じ生き物だと、知ることです!!          (パトリック・ブランの言葉より)
002_convert_20090610143445[1]
今月末に新作をscholeから発表する中島基裕。
瞬間の記憶をテーマに即興演奏を基盤とした作曲の可能性を独自に追求し、親しみやすいメロディアスな旋律の優しさと、ゆるやかなミニマルが作り出す、浮遊感あるアンビエンスのゆらめく心地よいサウンド。

森の中にポツネンと。目を閉じながら聴こえてくる自然の中で起こる協和音のひとつとして、オススメです!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

ヒーシーイット アクア  

タイのマンガ家であり、音楽活動も活発なウィスット・ポンミニットのイタズラ書き。
ノートに何の規定も制限もない状況で自由に描いたバラバラストーリー11編を収録した『ヒーシーイット アクア』。
001_convert_20090609151947[1]
マンガの世界を通り越してもはや芸術作品とも言えるウィスット・ポンミニット作品!解説に谷川俊太郎って所もこれまた凄いです!!懐かしいようで新しい世界観、次号dictionaryにも掲載されるとの事!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

DAZAI  

自分の命を削るように、命懸けで作品を誕生させた偉人、太宰治。
生誕100周年、今また読まれるべき名作!とあらゆる書店でコーナー化しているであろう。
“これを書く為に生まれてきた。これでもう死んでも悔いは無い。”
と完成させた『晩年』、これがデビュー作というのも凄い事!!
003_convert_20090608170641[1]
活字離れしている世の中で、果たしてどういったきっかけからこういう名作に触れるのかはわからないが、一生で一度は読んでおくべき作品は星の数ほど。
『暗い・・・』というイメージの太宰作品。がしかし、この状況を誰しも一度は味わっているのでは!?
そんな時に、現代で言う“あの歌は、まさに今の自分の事を歌ってくれている。勇気づけられる。”という感覚と同じようにページを開いてほしい。と斎藤孝は述べている。
004_convert_20090608170748[1]
どっちつかずの傷つきやすい状況、未来への不安、ポディションがまだ定まっていない焦りetc...
太宰治はそんな状況を自分と照らし合わせるかの如く、あがきながら絶望する、そんな作品を世に残し、メッセージを隠して逝ったのではなかろうか。
青の太宰『若いうちに読みたい太宰治』はそんなおすすめ18作品を解り易く一挙紹介!!
赤の太宰『女が読む太宰治』では、山崎ナオコーラ、西加奈子、津村記久子などの12人の女性が太宰作品から学ぶ新しい太宰論を語ってます!

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

ちいさなスージー  

久しく新刊を発表していなかったが、遂にお目見え!!
コミック作家 魚喃キリコ→ナナナン キリコで絵本に挑戦っ!『ちいさなスージー』。
004_convert_20090607134259[1]
自由な発想が詰まった一冊。“ぬりえ”を楽しみながらストーリーを楽しむという粋なスタイル!
魚喃キリコ独特のタッチを香らせながら、絵本という世界観にしっとりと浸っているかのようなやさしい作品。
005_convert_20090607134407[1]
子どもから大人まで、魚喃ファン問わず納得できるオシャレな絵本です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

相対性理論→Jポップ・アンダーグラウンド  

ジャズ・エレクトロニカ・ヒーリング・アンビエント・・・そんなサウンドを好んで聴く今日この頃ではあるが、決して他のジャンルを聴かない訳ではない。
あらゆる音に影響を受けてきたせいもあって、Jポップは特にこだわって聴いているようにも感じる!
最近の邦楽にはめっぽう弱いが、それでもCD漁りに行った時などに出会う新たな感覚は、Jポップの限りない可能性を秘めたように聴こえる!
001_convert_20090606132644[1]
STUDIO VOICEが遂に足を踏み込んだJポップの領域。これを読まずにJポップを語るなかれっ『相対性理論』×『Jポップ・アンダーグラウンド』のダブル特集!!
僕も以前、graちゃんと共にタワレコへCD漁りに行った時に店内BGMで出会ったサウンド・・・気になって探し回って見つけたそのバンド名“相対性理論”???
不思議な感覚をこの上なく香らすバンド。今までの邦楽の流れとは明らかに違う・・・

その語り口は、
“我思う故に 我あり”ではなく、“我あなたがいるが故に我あり”というスタイルと言う。
一度聴いただけで不思議と耳に残り、気になって気になって・・・。今回のSTUDIO VOICEはそんな全てのミュージック・ラバーの期待に答えたマスト感覚120%の一冊となりそうです!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

忌野清志郎 1951-2009  

伝説のロックンローラー 忌野清志郎が亡くなって早一ヶ月。
その悲しみは消える事なく今も日本のロックシーンにポッカリと大きな穴を残している・・・。
001_convert_20090605150303[1]
雑誌通常号の追悼ページでは明らかに収まりきらないであろう事は確実!『ROCK'in ON JAPAN』は急遽“特別号”をドロップ!一冊まるごと忌野清志郎の全てが凝縮された必読の書、『忌野清志郎 1951-2009』。

その生き様、確かに此処「日本」に存在していた。日本が誇る屈指のロックシンガーであった事は間違いない!!この特別号は改めて“忌野清志郎”という人間の偉大さを感じさせてくれます!!
ジョン・レノン名曲カバー『IMAGINE』。鳥肌もんの格好良さです!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

BRUTUS/EYESCREAM  

今月もやってまいりました!!
dictionary最新128号詳細が少しづつ発表されてきました!!今回もかなり面白そうな内容、表紙は・・・やったぜ、大人の魅力全開の永瀬正敏!?
126.127号からの流れも取り入れつつ、新企画も掲載されるとか!?喉から手が出そうになるのを必死でこらえ、ドロップされるのを待つとしよう!!もうしばしお待ちを!!
003_convert_20090603115607[1]
偶然か?計画か?
今回のBRUTUSとEYESCREAMは同じ香りのする特集同士!!ズバリッCAMERA・CAMERA・CAMERA!!
BRUTUSは『写真がどんどん上手くなる』特集!
良い写真を撮る方法、必要なのは・・・「ルール設定」!中野正貴、浅田政志、平田太呂、佐内正史、若木信吾、町田覚、米原康正などなど、遂には篠山紀信の「紀信塾」までも!!
これ一冊でほぼ写真家も脱帽のナイスショットが撮れそうな、そんな特集!!
004_convert_20090603115709[1]
EYESCREAMは『クリエイターが撮った“日常の記録”』!!
日常的に写真を撮ることが当たり前となってきている今日。その写真が撮れたのは、その人が、その場にいたからこそ撮れる、つまりは「記録」!様々なシーンで活躍するクリエイターたちの「記録」=「ドキュメント」がつまらないわけがない!!ってなイメージから、これまた斬新なドキュメントとしての写真特集を展開した!!VERBAL、仲村ヒロキ、TOWATEI、野村訓市、MADSAKI、CORNELIUS、藤原ヒロシなどなどの豪華な面子も特集ならでは!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

NIMBO  

気づけば6月に突入。
30歳になると時間の過ぎる感覚が麻痺してくるよ・・・と誰かに言われたような。ガッテン・・・。
雲の多い快晴、とでも言いましょうか。晴れてそうで晴れではない・・・どっちつかずの天気がこの頃続いている。暑かったり、寒かったり・・・汗かいたり、冷え込んだり・・・。頭痛だったり、肩コリだったり・・・。一番中途半端なこの時期、嫌いではないが好きでもない・・・。
007_convert_20090602112132[1]
スカイフィッシュ・グラフィックスからのセレクト輸入絵本 『NIMBO』。
フランスの香り漂う可愛くてオシャレな作品!!
雲は偉大な旅人。空の上で行ったり来たり・・・。そんなある日、雲は消えたがニンボーは残ってしまった!!他の雲たちから離れてしまって、ひとりぼっちのニンボーはそのまま地上へ・・・。
002_convert_20090602112221[1] 003_convert_20090602112301[1]
004_convert_20090602112341[1] 005_convert_20090602112422[1]
4つの色をベースに作られた世界は統一感があり、それでいてそれぞれの色が奇抜さを発しながら存在し合っている!シンプルなイラストが色の世界とマッチしていて、絵を見ているだけで心踊ります!!
まさに棚を飾る絵本としてもオススメな一冊!!輸入絵本でしか味わえない存在感が此処にはあります!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

schole magazine  

2007年に創刊され、各界で大反響を巻き起こしたフリーペーパー『schole magazine』。
003_convert_20090601134728[1]
音楽、映画、本、アートなど幅広く取り上げ、その他にも平和、環境問題について“豊かさとはなにか?”というテーマを提示し、当たり前の先にある世界の現状を考えるきっかけともなるナチュラルなマガジン!
春の訪れとともに、vol.8で一時休刊を発表。残念と惜しむ間もなく、そのままCD+magazineというスタイルで『CLARITY』を刊行!!こちらはまたの機会に。
004_convert_20090601134851[1]
schole関連の商品をご購入されたお客様に先着でバックナンバーvol.6・7・8をセットにしてプレゼント!

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。