grow books diary

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

タイコたたきの夢  

以前、雑誌Penでの特集テーマ“紙のぬくもり”。
このテーマでパッと思い浮かぶのがパロル舎という出版社。この出版社の作品を手に取る度に感じる紙のぬくもり。こういうさりげないこだわりは、“本”のあり方を作品を通じて読者に伝えているのかもしれない。
001_convert_20080930140747[1]
復刻版『タイコたたきの夢』。
写真ではわかりにくいが、手に取ってみて初めてわかる創る側のこだわり!装丁も今時には珍しい糸綴じ本であり、作品の雰囲気を一瞬にして感じる事ができるような。グレー1色な世界の中、見開き1ページのブルーなページもとても印象的!
002_convert_20080930140834[1]
『ゆこう どこかにあるはずだ もっとよいくに よいくらし!』
タイコたたき達は、タイコを叩きながら故郷を去り、きっとどこかにあるであろう『もっとよいくに よいくらし』を求め、先へ先へと旅します。
さまよい歩き、希望を持って、行き着く先は・・・。
シンプルなイラストでオシャレでありながら、物語は現実の今を鋭く表現した痛く厳しい内容!
自身、grow booksという理想の店を創り出した今、読んでみて胸に響く作品である!
気になる方は是非、この作品に込められたメッセージを感じてもらいたい!!
003_convert_20080930140911[1]
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

テースト オブ 苦虫  

雨降れど、気分はブッ飛んだ一日!!
004_convert_20080929133038[1]
言うなれば、The Asylum Street Spankersの『Beer』の様、追うごとにテンポを早めて行く土臭い男丸出しの勢い!あくまで気分が、である。
新取引の商品との出会いを待ち続け、ボルテージ上昇中!
006_convert_20080929133205[1]
かしらやオーナーKさんが遊びに来てくれました!
絵本・サブカル大好きなKさんは今回もかなりマストなセレクト!以前より欲しい欲しい!と絶賛してたクラブキング絵本“みずのはな”や、黒田愛絵本、リリーフランキー関連など数点をご購入!
またいつものようにくだらない話で盛り上がってしまいました!いつもありがとうございます!!
001_convert_20080929132823[1]
熱いマンガ大好きな後輩T君も定期的に御来店!大人買いのT君、新説ワールド・イズ・マインに引き続き、今回は“殺し屋 1”を全巻買い!常にマンガのアンテナには鋭いT君、現在連載中のマンガ情報も怠りなく、新旧問わず熱いマンガを探し求めるハンター!いつもありがとね!
002_convert_20080929132910[1]
こんな流れには間違いなく町田康だ!と思いつき、今日は勢いで『テースト オブ 苦虫』!!
まさに町田康の叫びとも言える傑作!パンク魂全開でブッ飛んだ内容!
日々、苦虫を噛み潰したような味が口内に徐々に広がる、不条理な圧力、立場の無い、行き場の無い、やり場の無い、やりきれん思い。砕きたくなるような衝動を文章でひた表現し続ける道なき道!!
これぞ、パンク!まさに、パンク!!
003_convert_20080929132956[1]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

こんにちは 赤ちゃん  

good morning , KINANA !!
001_convert_20080928111845[1]
朝からごきげんさんのKINANAちゃん!寝起きは一重になってしまう事に姉は悩んでいるが、一重のKINANAちゃんもこれまたカワイイ!!
姉そっくりの目、兄そっくりの鼻、笑い続けるKINANAちゃんは常にみんなの人気者である!!
004_convert_20080928112034[1]
“子供を産むのは素晴らしい!子育ては大変ですが、貴重な時間を楽しみましょう!”
異国の地フランスで母となった、イラストレーター松井絵里子さんの出産・育児絵日記『こんにちは 赤ちゃん』。
慣れない土地で夫・友人の力に支えられながら、出産・子育てに奮闘する姿に勇気をもらえる作品!女性の強さがにじみ出ており、夫という立場の大切さも詰まっているように感じる。
006_convert_20080928112203[1]
オシャレでカワイイイラストも、時にリアルに描かれたりして、出産という貴重な体験をより深く感じる事ができる唯一の絵日記!
005_convert_20080928112115[1]
国は違えど、母になるという事に最初は戸惑う。しかし何とかなるものであり、それが喜びに変わる時、母としての本当の第一歩を踏みしめるのではないだろうか。
003_convert_20080928111951[1]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

MUSIC & MUSIC!  

graちゃんリスペクトの“pole pole”、新しい動物たちが仲間入り!
こういうナチュラル雑貨にとても敏感な彼女、色のバランスも考慮してのセレクトだそうです!目指すはフルコンプリート!!
005_convert_20080927121855[1]
オープン当初から常に遊びに来てくれる音楽好きのKさん。
昨日もいつものように差し入れにコーヒー、いつもありがとうございます!
談笑の流れはクラブキング話に。伝説のラジオ番組『スネークマンショー』を愛すKさん、僕にその面白さを伝えるには説明するより聴いてくれ!という事で2枚組アンソロジーを御借りしました!
006_convert_20080927121945[1]
いやいや、実に面白いっ!二人で聴きながら大爆笑!
選曲も実に胸にグッと来るGROOVEでありながら、コントは実に洗礼された内容!桑原茂一&伊武雅刀&小林克也、その絶妙な感覚、笑いの真髄、その偉大さに改めてリスペクトです!
(Kさんオススメの“ジャンキー大山”は何度聴いても笑えます!!)
007_convert_20080927122021[1]
音楽雑誌の中でも最も濃ゆくて最も面白い(音楽好き曰く。)!!
5年後・10年後に開いてもその音楽事情に時の流れを感じさせない創りを醸し出す、『レコードコレクターズ』・『ミュージックマガジン』。気になる特集を見つけたら、間違いなくマストです!!
008_convert_20080927122057[1]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

田舎でGO!(photo“gra”ver.)  

はるばる東京から御客様がお見えになる為、定休日→営業へと!!
開店準備を手伝ってくれた方でもあり、店の変わり様を見ての感想をリアルに聞ける良い機会。
015_convert_20080925120430[1]
開口一番、『雰囲気良くなったね!』とのお褒めの言葉、ありがたい!
『東京でやれば間違いなく面白い事になるよ!』とも言われ、悪い気はしない。・・・が、ここは田舎。田舎丸出しで空気のおいしいナチュラルサイドなんです。あくまでここで勝負しようと決めたのです!
都会では通用する店をどう田舎で通用させるか。言うなれば、丸いものを三角に見せるにはどうすればいいのか?という永遠のテーマにも似るこの難題。妥協する気はZERO!このスタイルは持続しつつ、更に色を創る!頭は考える為にあるのだ!
016_convert_20080925120329[1]
ありがたいアドバイスもいただき、俄然ヤル気満々の僕!
一番の原動力はgrow booksのツボを理解した熱い御客様が定期的に遊びにきてくれるという事!田舎ならではの熱い店であり続けたい想いを胸に、今日もひたすらshake brain!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

人生は笑いだ!  

毎日が冒険!毎日が発見!毎日が挑戦の日々を楽しむ。
わかる人にはわかる店。わからない人には理解できない店。10人に1人?100人に1人?1000人に1人?の割合での熱い御客様との出会い。その出会いがとてつもなく感動し、原動力となる!
意気投合!共にフィールドを盛り上げるきっかけ!みんなで創る店、人呼んでgrow booksと発しやす!
005_convert_20080923173849[1]
音楽&カルチャー好きなOさん!NEW BIKEに乗って遊びにきてくれました!レッドからブラウンへ流れるカラーのマウンテンバイク!ロック好きなだけにHARDROCKのロゴがこれまた激渋!dictionary愛読者、まさにカルチャーの先頭に立つ男!リスペクトです!!
001_convert_20080924124745[1]
そして、絵本情報にとても詳しいTさんとナチュラルな雑貨屋さんのMSMさんが揃って御来店!
差し入れに紅茶の葉までいただき、感謝感謝!今回もリスペクトに値するセレクト、2人共dictionary愛読者!いつもありがとうございます!!

日本の代表的なフリーペーパー、dictionary!!
この内容量でフリーペーパー!?そうです、フリーペーパーです!!この驚きから愛読するお客様も少なくないのでは?次号も楽しみです!!
002_convert_20080924124835[1]
男たちの人生をリノベーションする総合雑誌『ATES』。
今回の特集は“人生は笑いだ!”。このタイトルで手に取らない人はまず居ない!
表紙はモギケン&特集は笑い・・・もしやっ!?と思い、目次に目を通すと、
やはり的中!“スネークマンショー”の記事!!
003_convert_20080924124912[1]
dictionaryの生みの親であり、CLUBKING代表 桑原茂一さんが、YMO全盛期に世間で噂された15分のラジオ音楽番組『スネークマンショー』を創っていた一人なのは御存知であろうか?
斬新な番組、音楽+コントという流れに熱狂的なファン続出!そんな革命的な番組が僕の生まれる前にあったというのも驚きである!
今までにないスタイルの確立!新しいカルチャーの発信!
dictionaryからも窺える桑原茂一さんの独特の世界!歴史を知るという意味でチェックするべき記事です!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ピアノ調律師  

自宅の本棚整理ですっかり忘れていた映画パンフレットを発見。そういえば買ってたな~とホコリを拭いながら一冊一冊に目を通す。
001_convert_20080923112205[1]
映画大好き人間ではあるものの、どちらかといえばミニシアター的なノリの作品を好む性格が故、パンフレットのコレクションも少しひねくれたセレクトとなっているような。やはり、パンチの効いた作品が好きなんやな~と理解できるセレクトでもある!(是枝作品は斬新という意味でパンチ効いてます!)
003_convert_20080923112431[1]
M・B・ゴフスタイン作品で特に読み応えタップリで、まるで映画を観ているような感覚にも似た名作『ピアノ調律師』。
ピアノ調律師のおじいさんは、孫娘をピアニストにしたいという願いがあったのだが、娘はおじいさんの背中を見て育ち、ピアニストではなくピアノ調律師に興味を抱いていく・・・
夢を持つという事、夢を叶えるという事がジ~ンと胸に響く美しい作品!また、物語を通じてピアノ調律師という仕事の魅力までも詰まっていて、憧れてしまう人も少なくないのでは!?
004_convert_20080923112510[1]
隠れたオシャレも発見!カバーを取ってみれば、布張りの表紙にシンプルな調律道具がズラリ!知る人ぞ知る!的な粋なオシャレさが興味を更に引きます!
さりげないワンシーンがとても印象に残る素晴らしい大人の絵本です。
002_convert_20080923112354[1]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

どうぶつ絵本 『はじめまして』  

突き出るお腹。幼児体型。
禁煙からの影響で日に日に体重は増え、『痩せ過ぎ!』と言われ続けた僕も、そろそろ『腹出過ぎ!』なんて言われる日が来るのであろうと考えると・・・まいっか!などとイマイチ開き直れない性格が故、今日からTarzanでも愛読しようかと秘かに目論んでいる。
002_convert_20080922130554[1]
(grow books目線で)
間違いなくベビーファーストブックの中でダントツ!にオシャレでカワイイ絵本と言えば、グザビエ・ドゥヌの『はじめまして』であろう!
はじめて出会う色“白&黒”をベースに、シンプルな絵と繰り返しの言葉が初めての出会いを歓迎するかの様、やさしく包み込んでくれます。
003_convert_20080922130655[1]
ko-兄&michi姉の子、kinanaちゃんはパンダのページが大のお気に入りだとか。
優しい手触りのブックデザインも手が込んでいてGOOD!!プレゼントにも喜ばれるオシャレ丸出しの赤ちゃん絵本です!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 6

自休自足  

のんびり。ただ、のんびり。
005_convert_20080921120730[1]
いかんともしがたく、こののんびりに適した日曜日の雨。まさにのんびり!という雰囲気が今日にはあるような・・・。今日はそののんびりにただただ身を任せようと。
006_convert_20080921120136[1]
slow & natural life magazine 自休自足。
自然と共に生活する為の情報誌であり、これからを生きる全ての人へ贈る、世代交代の知恵袋誌!
古き良き時代の風景が失われつつある今日の生活の中に、忘れてはいけないスピリッツが詰まった雑誌!暮らしというものを見直すにはもってこいの一冊ではなかろうか。
006_convert_20080921120837[1]
バックナンバーも気持ち程度に常備!
都会に憧れた20代前半を経て、今では自然の美学・田舎の美学たるものにリスペクトを掲げるgrow books!パン特集、カフェ特集などもこういう目線で特集されると更に興味深いです!!
007_convert_20080921120944[1]
のんびりついでに今日ののんびり音を。
アンビエント残響音楽、DOFの『Mine is May』。芸術の域を超した名作!!
リズムがとても独特でありながら、そこにかかるアコギやピアノなどのメロディが何の抵抗もなく心に響きます!やわらかな印象のエレクトロニカで、優しい雰囲気の中にキレのあるビートを散りばめた、まさに浮遊サウンドとも言えるマストCDです!

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

片桐はいり  

お気に入りの雑誌群が本日カブッて発売!
ミュージックマガジン・ストレンジデイズ(リニューアル新装で更に嬉しい)・エココロetc。
001_convert_20080920120415[1]
そして、毎号表紙で僕のハートを鷲づかみする『カメラ日和』も発売!何ともゆっくりした時間が流れている写真に朝からノックアウト寸前です。
005_convert_20080920120607[1]
インパクト!という面では日本一なのかもしれない。それほどまでのオーラを持っているのであろう、個人的に好きな個性派俳優、片桐はいり。大人計画の常連とも言える所にもかなりのリスペクト!
そんなインパクト!とは裏腹に、実にゆっくりな時間をもてなす紀行エッセイ『わたしのマトカ』・『グアマテラの弟』。
004_convert_20080920120520[1]
映画『かもめ食堂』の舞台地フィンランドでの時間 『わたしのマトカ』、実弟が移住の地に選んだグアマテラでの家族の時間 『グアマテラの弟』。
笑いあり、感動あり、と言うとよくありがちなエッセイではあるが、その中に癒しとでも言おうか、ゆっくりな時間の経過が、読んでいて心地よく胸に響くオシャレなエッセイなのです!
表紙の雰囲気がそのまま内容に表れているかのよう!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

NICOLA CONTE  

コーヒー専門店。コーヒー豆の香ばしい香りが漂う店内。
ふと目に止まった麻袋、一袋200円。これは使える!とまとめて購入!
005_convert_20080919140136[1]
雑に印刷されたロゴもアジが出ており、その存在感たるや、まさにナチュラル!サイズもかなり大きめでいろいろな使い方が楽しめそうだ!麻独特の香りにくしゃみが止まらないが、それもまた良しとしようではないか。
006_convert_20080919140211[1]
クラブジャズ界でこのアーティスト無しには成り立たない!
スタイリッシュサウンドのマエストロ、NICOLA CONTEの4年ぶりの新作“Rituals”。
モダンジャズな要素をバンバン押し出しながら、独特のNICOLA流は色褪せることなく健在!激しすぎず静かすぎないモダン・クラブジャズ?とでも言えばよいのでしょうか?
ジャズのカッコイイ所を凝縮したアーティストとしてオススメです!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

もりのおいしゃさん  

寒くて目が覚めたのにも関わらず、店内でエアコンをかける。このどっちつかずな陽気に翻弄されて、くしゃみは止まらず、鼻水は垂れ流し、もしや、風邪?と自分に問いかけてはダマシダマシで今日もGROOVEに身を任せる!
001_convert_20080917132648[1]
久しぶりに駒形絵本、『もりのおいしゃさん』。
子供のみならず大人でさえ少なからず思うであろう、“病院=恐い”というイメージを打ち破る為の絵本!流石っ駒形さん、子供の心理までを考えての作品!
森に住む名医の犬。キリン・シマウマ・カバなどの悩みを次々と解決してくれる、といったお話は、絵本の世界と病院が重なり、恐怖心を徐々に和らげてくれる。
003_convert_20080917132233[1]
実際、福岡にこの作品のイラストが至る所に描かれた病院があり、子供達は絵本の世界を更に堪能する為に病院を探検すると言う。気づけば病院への恐いイメージはどこへやら・・・。
004_convert_20080917132331[1]
手のひらサイズな絵本で子供にとっての持ち運びまで考えての一冊に拍手!一般流通しない、こだわりの絵本であり続けてほしい!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

荒井良二  

レジ内に置いてあるCDJで一休み時間をフル活用する毎日。
001_convert_20080916125915[1]
コレクションCDを繋ぎ繋ぎ、フェードインフェードアウト、カットインカットアウト!たまにREループ!始め出したら止まりません・・・。
003_convert_20080916130015[1]
『はっぴいさん』でおなじみ、自称“絵本も書く人”、荒井良二。
絵本の魅力にのめり込んでいく内に微妙に気になり、ふと手に取ってからというもの、荒井良二の世界の虜になった僕。そこに存在する“勢いあるパワー”と“重なり合う色の美しさ”に不思議と音を感じるからかもしれない!
LPレコードサイズでRE発売された幻の話題作『ボイジャーくん』!
70年代からのロックな男、遠藤堅司とのコラボ!文・絵、共に改めて書き下ろしされたスケールのデカ過ぎる絵本!付属CDには、名曲『ボイジャーくん』の未発表音源がっ!!
004_convert_20080916130054[1]
その他、『トントンドア』では空気公団とのコラボで山崎ゆかりの魅力と重ね合わせた世界を描くなど、どの作品にも音楽ありきな雰囲気を感じる!実に美しく、実にサイコーな作品群である!!
子供に与えたはずの絵本が何故か親のコレクションと化した・・・なんて事のありうる作品、そんな絵本が大好きなgrow booksでもある!

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

NON CAFE BOOKS ②  

店内改造中。
004_convert_20080906115014[1]
地球に優しい出版社、NON CAFE BOOKSからの復刻作品『壊音 KAI-ON/症例イデム』。
93年度文学新人賞を最年少で受賞した篠原一『壊音』。ドラッグに溺れていく中学生を幻想的に描いたベストセラー小説!
復刻+続編となる『症例イデム』も同時収録されており、更なる異色さが増している作品!!
あの坂本龍一までもが絶賛したというのだから、間違いなしのトリップ感覚!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

IRMA RECORDS  

僕の音楽ワールドの二大柱となっている『IRMA』・『SCHMA』。
そもそも大学の頃に出会ったCDをきっかけに、“このレーベルに失敗無し!”と断言できるほどのセンスの良さがにじみ出ているのである!
001_convert_20080914150613[1]
そんな中、IRMAレーベルからのアーティストに興味を持ち始めたgraちゃん!最近ではある種匂いで判断できるのか、知らずに購入するCDがIRMAというパターンが多く見られる。ナイスセンス!!
今日はそんなgraちゃんのオススメCDを!

こんにちわ。あまり音楽には詳しくない私graですが、なんかかなりgrownerの影響をうけてまして
CDを選ぶ楽しみをここ最近知ることができました^^v
先日タワレコで何気に試聴してたらおお!と耳のファーストインプレッションでコレにしよと思ったのが
このCD。でももう一つのお店で買えばいっか(基本的にVレコードさんのが好きなので^^;)
なんて思って探してたらみつからず、店員さんに聞いたら、タワレコ限定ですね。と言われて
戻って買ったわけなんですぅ。
003_convert_20080914150702[1]
雑誌の言葉を引用すると『ブラジリアンチューンやiーdepの流麗なピアノトラックなど柔らかなグルーヴと美しいメロディーを備えた楽曲ばかり・・』と。
私的に音楽を語れる程の知識はなく、ましてや『チューン』とか『グルーヴ』などの用語を使うことすら
正直ぱずかしいわけで・・。でもこれいい!っていう感性は誰もがもってる。
だから『これいい!』があれば音楽ライフを楽しめるんです^^そんな一枚。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

CLUB KING 開始!!  

『恥ずかしい』を『恥ずかしい』と感じない勢いを見せつける場、それこそが披露宴の余興ではないだろうか。
来月結ばれる、親友の披露宴での余興の打ち合わせで軽く召集した仲間。
001_convert_20080913122914[1]
井出ケンと新友BON。このタッグはまさにミラクルな予感!?
BON進行の元行われる余興。キーポイントは井出ケン!僕はある意味クッション的な役。
協力を惜しまない熱い仲間を従えて、これから打ち合わせの日々は続くのである!
心からのお祝いを込めて!
003_convert_20080913123001[1]
日本のサブカルを先導するCLUB KING!michi姉の紹介から遂に取引開始!!
伝説とも言えるフリーペーパー『dictionary』や流行りに流されない独自の観点からのセレクト商品など、リスペクトに値するラインナップの数々!!より普通の本屋から遠ざかるgrow booksの柱となる商品である!!
004_convert_20080913123109[1]
常連さんに好評な『dictionary』。情報量・センス共にフリーペーパーの域を限りなく越した内容!
CLUB KINGの魅力、共に分かち合いましょう!!
(大変貴重なフリーペーパーな為、毎号数冊限定となります!)

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

R THE ORIGINAL & B.Q  

久しぶりの静岡市街。
自然・自然と緑を堪能してばかりだったので、たまには情報収集にでもとgraちゃんと昼飯バイキング後、それぞれの目的を果たすべく行動開始!
graちゃんは新たな刺激を求めタワレコ&ヴァージンでCD漁り。IRMAクラブコンピやJ-JAZZコンピなどの出会いがあったらしく妙にハイテンション!(便乗して僕もここぞとばかり出会いを求める。)
そして僕は依然から悩みに悩んでたメッセンジャーバッグ探し。
LOCAさんのアドバイスを参考に活用性重視のつもりが一目惚れ、即購入!
001_convert_20080912135522[1]
USAより日本上陸のバッグブランド『COASTER』。
ブラック・ホワイト・カーキetc色展開も結構あったのだが、もう断然グリーン!他の色もチャレンジしてみたが、やっぱりグリーングリーン!!graちゃんに意見を聞いてはみたものの、心の中では既にグリーーーン!!!というわけで購入!
存在感アリまくりで輝くバッグを背にこれからは快適な自転車走行カマせそうです!
002_convert_20080912135615[1]
何度となく紹介してしまうカネコアツシ作品。
初期の短編集3作品が装いもゴージャスに文庫化!!まさにロウブロウ・コミックの決定版!!
コミック→文庫への移行が当たり前となっている中、装丁は微妙にレベルダウンして見えるコミック文庫。その流れを無視する所か、挑発さえしているかの様なゴージャス文庫!再編集・カラーページなど前作とはまた一味違うカネコワールドが楽しめる!
003_convert_20080912135659[1]
発色の良い表紙が更に購買意欲を掻き立てる?個人的には。
通勤・通学時に読めるサイズ、しかもかなりぶっ飛んだパンク・フィールド!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

ナチュリラ  

秋の到来を告げるかの様、心地よい風が流れる晴天。
久しぶりに窓全開でgrow booksに風を通す。西から東へ流れる風は店内の真白いカーテンを静かに揺らし、それがまた見ていて心地よく癒される。
008_convert_20080910115225[1]
もうそろそろ服を重ねていく楽しみも含め、2008秋冬シーズンへ足を踏み込む。今年からは今までのファッションに+自転車という大きな柱が立った為、またひとつ楽しみが増えたセレクトをしていこうと思う今日この頃!
007_convert_20080910115124[1]
ナチュリラ vol.3。祝っ季刊化記念号!!
ナチュラル&リラックスな女性にはたまらない雑誌!流行りの一部として今やナチュラル・ナチュラルと騒がれてはいるものの、いつまでも定着する色褪せない魅力があるだけに、その火付け役ともなったナチュリラ本誌に永遠のリスペクトを捧げたい!
010_convert_20080910115345[1]
同じ雰囲気を醸し出す雑誌も次々に発売され、ナチュラルも賑わいを増す一方!!広告ばかりの無駄な雑誌とは違い、濃ゆい内容で徹底されているので心地よさも倍増である!
次々と休刊されていく雑誌、そんな中でこういう芯のある雑誌の創刊に心から拍手を贈りたい!!
011_convert_20080910115423[1]
そんなナチュラルな香りにピッタリなBGM。
ausの『Lang』。
ジャケットから想像できる通りの音の調べ。全曲インストであり、その美しさは絶品です!!清涼感もありながら温かみもあるブレイクビーツ&エレクトロニカな為、どの季節にも合う不思議な魅力!!
凝りに凝ったリズムに癒し効果もあり!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

村上春樹トリビュート  

青春の1ページ作家!といえば村上春樹。
『ノルウェイの森』が発売21年を経て遂に映画化!!世界的に有名な春樹ワールド、その中でも人気と地位を不動のものとした名作!スクリーンに映る独特の世界、想像するだけでテンション上昇!!

そんな村上春樹をリスペクトする作家は数知れず。
古川日出男含めリスペクター4人が個々にリミックス&カヴァー、村上春樹トリビュート作品4タイトルが2003年に立ち上がった事を御存知であろうか?
002_convert_20080909122241[1]
まさに革命的!音楽業界で見られるトリビュートを文芸界で表現する!志あるメンバーがどんなカヴァーを奏でるのか?手法はフリー、思うがままのビート!!

・中国行きのスロウ・ボートRMX  古川日出男
・国境の南・太陽の西RMX     狗飼恭子
・ダンス・ダンス・ダンスRMX    荒木スミシ
・回転木馬のデッド・ヒートRMX  素樹文生

001_convert_20080909122141[1]
文庫版も発売されているが、古武家賢太郎氏の表紙デザインが春樹ワールドを更に引き立てるペーパーバック使用をプッシュ!全タイトルを重ねるとひとつの作品になる仕掛けもかなりの迫力!!(簡単に重ねるとこのように。)

デビュー作『風の歌を聴け』の最初の一行。
“完璧な文章なんて存在しない”と呟いた村上春樹の新しい世界への扉を叩いた読者なら、誰しもがその完璧なまでの物語に震えた経験があるだろう。その世界をそのままに、新しい世代へのカジュアル且つ読みやすさを備えた“ポスト村上春樹”4人の描く、新境地!!カッコイイです!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ナッツのおつかい  

奥深い内容、伝えるメッセージ性、美しいイラスト、オシャレな装丁etc、本の可能性は更に拡がる一方である!メディアから生まれる薄いキャラクターものに惑わされないセレクトに心がける毎日、一時のブームだけの作品ではなく、何年経っても色褪せない作品との出会いが続く店でありたいと願う!

ペヨーテ作『ナッツのおつかい』
002_convert_20080908121925[1]
コマ割りを活用したマンガのような絵本。
いたずら小僧のどんぐりナッツの大人とは?を描いた奥深い作品!イラストはアメコミチックなタッチ、真面目なテーマを和らげる雰囲気!楽しく読めて心に響きます!!
001_convert_20080908122016[1]
表紙と裏表紙の意味も読んだ後に見るとなるほど~と感じるナイスなセンス!!ママ大好きなお子様にいつの日か感じる想いを丁寧に表現してます!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

uyama hiroto  

祝っ30代突入!
実感もないままに今日はのんびりだらりと午後のひとときをBGMに揺られて堪能中。

最近のヘヴィーローテCD。
nujabesワークスの最重要アーティストとして6年間の制作期間を経て、遂にドロップアウトしたuyama hiroto『a son of the sun』。これはマジでヤバイ!!
003_convert_20080907133317[1]
先月遊びに行ったイベント、METAMORPHOSEでのnujabesのDJプレイ中、何度かゲスト登場しサックスを奏でてたのがuyama hiroto本人らしく、ラストのnujabes×shing02×uyama hirotoのメロウさにその場に居た全員が鳥肌を立てたであろう事は間違いない!
ビートメーカーかサックス奏者か詳しい事は判らないが、インストでありながら同じメロディーの繰り返しにスケールのデカさを感じさせるアーティストは早々居ない!それだけに聴き飽きないセンスの良さが窺える名盤として激プッシュ!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 6

さらば愛しき20代!  

今日と明日の違いについて。
20代最後の一日を過ごしている。明日になれば30歳、今まで憧れていた年齢でもある。
人生の中でのKEYともなる30代、その領域に今入ろうとしている僕。準備運動も怠りなく!
阿部和重 著 『インディヴィジュアル・プロジェクション』の作中、歌手のフリオは自身の年齢を“33歳”という歌にした。

ノスタルジーとノスタルジーのあいだを
君の人生と私の人生のあいだを
夜と暁のあいだを・・・といった感じの歌詞。

何かと何かのあいだに立つ事を謳っているこの真の意味、それは人生の折り返し地点。若さと老いのあいだという事であるらしい。この歳に立ってそんな作品のワンシーンを思い出し、“若さ”への疑問も無きにしもあらず、といった具合。年齢で若さを決めつける事への抵抗でもある!!
001_convert_20080906114854[1]
そんな中、偉人ヘンリーフォードの名言のひとつにこのような言葉がある。

二十歳でも八十歳でも 学ぶ事をやめたものは老人だ。

シビれますね~!鳥肌立ちますね~!何時までも若くあろうと思うのではなく、いつまでも人生から学び、楽しもうとする気持ちが本当の意味での若さなのかな!と感じたりもした20代最後の一日。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

うかたま  

浦沢直樹名作、本格科学冒険映画『20世紀少年』!
遂に第1部、観に行ってきました!!
003_convert_20080905133203[1]
大学の頃からの愛読作品!軽いノリで読み始め、途端にトリコとなったgraちゃんと共にいざっ出陣!!
コミックのダイジェスト版のごとくスピード感溢れるストーリー、あっという間の2時間30分!コミック実写映画としては今までにない完成度、また満足度!!浦沢ワールド、しっかり表現されてました!!
ひとつ残念な事といえば・・・本編前の予告、しかもダイワハウスぐらいからgraちゃんが眠りと闘っていた事。前半ほとんど覚えてないと言い張るgraちゃん・・・そらぁないぜ~。
にしても、映画版はコミックとは違う結末を迎えるという噂にどう展開されるのか見物!!コミックの謎を残したままでありながら納得のいく結末に匹敵する最後を期待したい!!

“食べることは 暮らすこと”
イネの豊作を願う守り神、宇迦御魂神(ウカノミタマノカミ)から取った季刊雑誌『うかたま』。
最新号は表紙もカワイイ“地粉のパン”。
004_convert_20080905133251[1]
それぞれの土地で生まれ育った小麦。その粉から作られる個性溢れるパン。それぞれの味を楽しみ、それぞれの地域を感じる為の特集です!!
自然を重視した雑誌だけに、パン本来の味わいにこだわった記事を読んでいると、米派な僕でさえパンを欲してしまいます。温かみのある写真の数々にもウットリです!!
005_convert_20080905133330[1]
3ヶ月ごとの刊行なのでじっくり読むナチュラル雑誌としてもオススメ!バックナンバーも褪せる事ない特集ばかりです!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

山田詩子  

カレルチャペック紅茶店の代表・山田詩子さんの絵本は、どれもこれも和×洋のブレンド的雰囲気を感じる。
001_convert_20080903135834[1]
笑顔が絶えない絵本であり、どことなく懐かしい。かと言って懐かしさだけに捉われない新しい香りも秘めており、ページを開くのに夢中になれる。
色つかい・イラストタッチがそんな気にさせてくれるのは間違いなく、子供・大人両目線にそれぞれの魅力が詰まっているような、気持ちの良い作品ばかりである!
002_convert_20080903135924[1]

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

中年入門  

も~ぉ い~くつ寝~る~とぉ~♪
THE 三十路。三十路へGO!WELCOME 三十路!永谷園の三十路。
もうすぐ華の青春20代、終了。
頭をよぎるのは三十路フレーズ。リピート再生、エンドレス。
それでもまだ“大学生?”とか言われる事に少し抵抗を覚え始める歳であり、イブシ銀に憧れ始める歳でもある!
目指せ、スターNISHIKINO!
005_convert_20080902140544[1]
僕の中の笑いのツボを百発百中で鋭くエグる、男の中の男?松尾スズキ。
タイムリーで発売された『中年入門』。まだ早い気もするが、一応松尾ファンとして入門せねば!
どうして彼の言葉はここまで面白いのか。というより、
どうして彼の人生はここまで面白いのか。とも言える!
そんな松尾スズキのエッセイから選りすぐりの名言にただただ納得。すでに偉人並みにリスペクト!
爆笑エッセイと言えば、松尾スズキ!これで笑えない人とは友達になれません。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

すぐそこの遠い場所  

気分転換に模様替え!
005_convert_20080901123804[1]
自宅に“座られないソファー”として、もはや物置台と化していた我が青春の1ページを彩る淡いサックスブルー・ソファー。意外や意外っ、grow booksの雰囲気にマッチしたりもして!!
親友miya君から頂いた観葉植物はレジ前で日に日に成長し、今やお客様には大人気!みんながみんな『欲しい欲しい!』とダダこねます。
ポスターはgrow booksのお客様が活動している、12月公演のリサイタルの宣伝ポスター!あまりのオシャレなポスターが故、店の雰囲気の一環としてメインに展開させてもらってます!!
ある意味やりたい放題、自分のコレクション棚なんかもあれば更に面白いかと。

“クラフト・エヴィング商会”。
作家・デザイナーなどが集まり、新しい可能性を追求する創造集団!同じ苗字の人達なので家族なのか?とも考えられるが詳細は不明。ただ、オシャレさにかけては一級品であり出版する作品の装丁・内容はどれも心に響くものばかり!
006_convert_20080901123858[1]
『すぐそこの遠い場所』。
『ハリポタ』・『指輪物語』などと同様、架空世界もののひとつではあるが、どことなく歯痒いというか謎だらけというか・・・。スッキリしない分、余計に引き込まれてしまう世界である。
クラフト・エヴィング商会の主人の祖父が遺した、世界にたった一冊しかないと言われる『アゾット辞典』。
“この辞典はね、見る度に中身が変わってゆくのだよ”
これはそんなアゾット辞典を翻訳した作品であり、未知な作品の香りを秘めた不思議な一冊。
詳しい事がわからないまま辞典は進行するが、追及すればするほど謎が増えていく・・・といった架空世界特有の面白さもあり、実際手にしてみて、読者それぞれがアゾットに踏み込み・創造してほしいといった粋な計らいも含め、架空世界ものの革命的作品である事は間違いない!
幼い頃、映画『ネヴァーエンディングストーリー』を何十回も観た僕。最近の架空世界ものには全く興味ないが、これは面白いです!!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。